マティッチが母国で病に苦しむ4歳少年を救うため930万円を寄付

超ワールドサッカー / 2018年9月22日 6時34分

写真:Getty Images

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するセルビア代表MFネマニャ・マティッチが母国で病に苦しむ4歳の少年を助けるため7万1000ユーロ(約930万円)を寄付したようだ。セルビア『Nsuzivo』が少年の父親のコメントを伝えている。

▽以前から慈善活動に熱心なことで知られる人格者のマティッチは、この度神経芽細胞腫で苦しむドゥシャン・トドロビッチ君(4)がバルセロナで最新の治療を受けるために必要な治療費の一部として7万1000ユーロを匿名で寄付していた。

▽マティッチは今回の寄付に関して自身の名前を明かすつもりはなかったものの、トドロビッチ君の父親が同選手への感謝を伝えるため地元メディアに名前を明かしたようだ。

▽『Nsuzivo』は今回のマティッチの寄付に関して以下のように伝えている。

「我々の調べた情報によると、ドゥシャン・トドロビッチを救うために7万1000ユーロの寄付を行った人物はセルビアで最も有名なプレーヤーの1人であるネマニャ・マティッチだ。それは彼の父親であるアレクサンデル・トドロビッチ氏が認めている」

「今回、ドゥシャン・トドロビッチを救うためセルビア全土がひとつになっている。来週の月曜日にはツルヴェナとパルチザンの試合で選手やファンが集まって残りの治療費を集める予定だ」

「現在、彼をバルセロナで治療を受けされるためには19万312ユーロ(約2525万円)が必要になっている」

▽心優しきマティッチを始めセルビア全土がひとつになってドゥシャン君の回復を祈っている中、その願いが一日でも早く叶うことを願いたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング