リーグ・アンって本当に強いの? カバーニが反論

超ワールドサッカー / 2018年9月22日 11時15分

写真:Getty Images

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが“リーグ・アン劣る説”に反発した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

▽フランスの絶対的王者であるPSGは18日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節でリバプールとアウェイで対戦。0-2から追いつく奮闘を見せたが、試合終了間際に勝ち越しゴールを決められ、開幕戦黒星スタートとなった。

▽この敗戦により、多方面から再び他のリーグに比べた力関係に疑問の声が集まるリーグ・アン。しかし、リーグ・アンで2度の得点王受賞歴を誇るカバーニは、そういった周囲の見解に賛成するつもりはない。リバプール戦後、次のように反論した。

「CLは、ヨーロッパでもベストなチームが集まる大会だ。その戦いでは勝つときもあれば、負けるときもある」

「プレミアリーグのクラブがリーグ・アンを戦う姿を見てみたいね。そうすれば、プレミアリーグのクラブがどんだけ強いのかわかるはずだからさ」

「フランスは、ロシア・ワールドカップで優勝した。その多くの選手がリーグ・アンでプレーしている。だから、リーグ・アンが弱いなんて思わない」

「フランスのクラブはここ数年のCLでも上位に進出している。これこそ現実さ。そして、これこそフットボールだよ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング