モラタ、約1ヵ月半ぶり得点で涙? サッリ「彼の涙を頻繁に見たい」

超ワールドサッカー / 2018年10月5日 19時5分

写真:Getty Images

▽チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が、所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタを称賛している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

▽チェルシーは4日、ヨーロッパリーグ(EL)第2節でビデオトンと対戦。その試合ではネットを揺らすことができない苦しい時間が続いたが、後半の半ばにモラタが決勝点を沈め、1-0での勝利を手にした。

▽試合後のインタビューに応じたサッリ監督は、得点の直後に感極まって涙を流していたようにも見えたモラタについて問われ、以下のように語っている。

「私は(モラタが泣いていたかは)知らない。だが、得点後に泣きたいのならば、彼の涙を頻繁に見たいと思う」

「彼には本当に満足しているんだ。彼にとって得点は本当に重要だからね。彼が非常に良い試合をするために大切なことだと思う。彼は良い試合をしたよ」

「チームの為にプレーすることは、彼にとって重要だ。アルバロ(・モラタ)はこのパフォーマンスを機にリスタートしていけると思う」

▽モラタは今シーズン、8月18日のプレミアリーグ第2節アーセナル戦で得点を決め3-2での勝利に貢献して以来なかなかゴールを奪うことができず。ビデオトン戦での決勝点が、約1か月半ぶりの得点となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング