シティがリヨンの逸材MFに関心! リヨン側は破格の7000万ポンド要求か

超ワールドサッカー / 2018年10月7日 20時22分

写真:Getty Images

▽マンチェスター・シティがリヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(21)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。

▽2016年にアミアンでプロデビューを飾ったエンドンベレは中盤の要としてクラブ史上初となるリーグ・アン昇格に貢献。その翌年にリヨンへ完全移籍を果たすと、加入初年度となった昨季は公式戦50試合に出場し1ゴール8アシストの数字を残した。

▽得点力にこそ課題はあるものの、豊富な運動量と高い身体能力を生かしたボール奪取能力に加え、トリッキーな足技も兼ね備えた万能型MFは、同胞MFポール・ポグバやコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレを想起させるハイポテンシャルの持ち主だ。そして、先日にはフランスのフル代表にも初招集されていた。

▽『デイリー・スター』が伝えるところによれば、今季のチャンピオンズリーグ(CL)でも対戦したエンドンベレをジョゼップ・グアルディオラ監督が高く評価しており、MFフェルナンジーニョのバックアップを担うセントラルMFとして獲得を希望しているようだ。

▽ただ、先月に2023年までの新契約を締結したエンドンベレに関してリヨン側は移籍金を破格の7000万ポンド(約104億円)前後に設定しており、交渉は一筋縄ではいかなそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング