レーティング:バレンシア 1-1 バルセロナ《リーガエスパニョーラ》

超ワールドサッカー / 2018年10月8日 5時44分

写真:Getty Images

▽リーガエスパニョーラ第8節、バレンシアvsバルセロナが7日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽バレンシア採点

(C)CWS Brains,LTD.
GK
ネト 5.5
失点はメッシを誉めるべき。それ以外に難しいシュートはなかった

DF
ピッチーニ 6.0
コウチーニョとジョルディ・アルバの侵攻を許さなかった

ガライ 6.5
先制ゴールを決め、守備面でも奮闘

ガブリエウ 6.0
集中した守備でスアレスに自由を与えなかった

ガヤ 6.0
攻守に質の高いプレーを見せた

MF
ソレール 6.0
ジョルディ・アルバの攻め上がりをケア

パレホ 5.5
CKから先制点演出。ボールに触ればアクセントを付けた

コンドグビア 6.0
バイタルエリアを使わせず。前半は攻撃にも関与

(→コクラン -)

ゴンサロ・ゲデス -
前半序盤に股間節を痛めて負傷交代

(→チェリシェフ 6.0)
持ち味の縦への推進力を見せた

FW
ガメイロ 5.5
カウンターの起点に。バチュアイとの連係もまずまず

(→ロドリゴ・モレノ -)
目立った働きはなかった

バチュアイ 6.0
ポストプレーで起点に。シュートも放った

監督
マルセリーノ 6.0
組織的な守備で応戦。勝ち点1をもぎ取った▽バルセロナ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 テア・シュテーゲン 5.5
こちらもさほど難しいシュートは飛んでこなかった

DF
2 N・セメド 5.5
チェリシェフにやや苦戦も攻撃参加の質はまずまず

3 ピケ 5.5
CKからの失点に関与。それでもそれ以外は安定

24 ヴェルメーレン 5.5
前半序盤はバタついたが、徐々に安定

18 ジョルディ・アルバ 5.5
ピッチーニにスペースを埋められて打開しきれず

MF
4 ラキティッチ 5.5
アクセントを付けるプレーが少なかった

5 ブスケッツ 6.0
正確な配球でゲームを作る

8 アルトゥール 6.0
正確なボールスキルを発揮。ポゼッションの中心に

(→ラフィーニャ -)

FW
10 メッシ 6.5
さすがのフィニッシュワークで同点弾を決めた

9 スアレス 5.5
メッシのゴールをアシストも相手センターバックに潰された

7 コウチーニョ 5.5
何本か個人技からシュートに持ち込んだが、打開はできず

(→デンベレ -)

監督
バルベルデ 5.5
試合開始早々の安い失点が響いた。バレンシアの守備を打開しきれず

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ガライ(バレンシア)
▽引き分けでも悪くない結果と捉えていたバレンシアの守備を統率したガライを選出。先制ゴールも決めてチームに勢いをもたらす。

バレンシア 1-1 バルセロナ
【バレンシア】
ガライ(前2)
【バルセロナ】
メッシ(前23)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング