「誰もが失敗する」…PK機逸のマフレズに落胆の色なし

超ワールドサッカー / 2018年10月8日 9時45分

写真:Getty Images

▽マンチェスター・シティに所属するアルジェリア代表MFリヤド・マフレズがPK失敗を振り返った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。

▽プレミアリーグのリーグテーブルでリバプールと勝ち点19で並ぶシティ。7日に行われた第8節でそのリバプールとの首位攻防戦に挑んだが、85分に獲得したPKのチャンスをマフレズが不意にしたこともあり、ゴールレスの痛み分けに終わっている。

▽『Opta(@OptaJoe)』によれば、マフレズのプレミアリーグにおけるPK失敗は、レスター・シティ時代を含めて通算5度目。今回のPK失敗により、シティの2003年以来となるアンフィールドでの勝利を逃した格好だが、マフレズ自身に落胆の様子はない。

「僕らはもっと強く前進してしかないといけない。それもフットボールであり、人生さ」

「僕は平気だ。誰もがPKを失敗することはある。どんなビッグプレーヤーでもね」

「もちろん、チームを勝たせるために決めたかったけど、ボールが浮いてしまった」

「でも、大切なのは、僕らのパフォーマンスが良かったということ。勝ちに値したけど、負けないことも大事だ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング