イカルディ妻ワンダ・ナラ、メディアを幻惑…「延長の話はない」

超ワールドサッカー / 2018年10月10日 11時30分

写真:Getty Images

▽インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)の妻であり、代理人を務めるワンダ・ナラが夫を取り巻く契約延長の可能性に口を開いた。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。

▽インテルで絶対的なゴールハンターとしてだけでなく、主将としても活躍するイカルディ。インテルとの現行契約が2021年までとなっていることから、長らく延長交渉が取り沙汰され、行方に注目が集まっている。

▽そのインテルは、現俸450万ユーロ(5億8000万円)のイカルディに650万ユーロ(約8億4000万円)の新契約を提示。だが、それに対して、選手側は800万ユーロ(約10億4000万円)をリクエストしているという。

▽そういったマネーゲームがインテルと選手側の間で展開されているとみられる中、何かと歯に衣着せぬ発言で脚光を浴びるワンダ・ナラが代理人として、夫の延長交渉について次のようにコメントした。

「彼とインテルの契約はまだ3年ある。だから、そもそも延長の話は議題に挙がっていないわ」

「彼も不安なく、リラックスして幸せに過ごしているの。騒ぎ立てているのは私じゃなく、あなたたち(メディア)の方よ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング