どんなに渋い試合でもそれが真剣勝負の証ってもんだ!? の巻/倉井史也のJリーグ

超ワールドサッカー / 2018年10月11日 13時0分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

▽そりゃ代表戦と比べると違うわけですよ。真剣味って言いますか? 親善試合と来年の契約をかけた試合を一緒にしちゃいかんわけです。J2の上位陣の試合がすっごい面白いかというと、そうじゃない試合もあります。どうしても勝ち点ほしいから。そういう張り詰めた感じの試合は、エンタテインメント性は薄いかもしれないけど、緊張感が楽しめることだけは間違いなし!! じゃあ、今回も22チーム構成になった2012年以降、36節から42節でどれだけ順位が移動したか、温故知新の精神で調べてみようっと!!

【2012年】
・36節
1位 甲 府 勝点86
2位 湘 南 勝点63
3位 大 分 勝点61
4位 京 都 勝点61
5位 千 葉 勝点59
6位 東京V 勝点59
・最終順位
1位 甲 府 勝点74
2位 湘 南 勝点75
3位 京 都 勝点74
4位 横浜FC 勝点73
5位 千 葉 勝点72
6位 大 分 勝点71

【2013年】
・36節
1位 神 戸 勝点72
2位 G大阪 勝点71
3位 京 都 勝点63
4位 徳 島 勝点60
5位 千 葉 勝点58
6位 長 崎 勝点57
・最終順位
1位 G大阪 勝点87
2位 神 戸 勝点83
3位 京 都 勝点70
4位 徳 島 勝点67
5位 千 葉 勝点66
6位 長 崎 勝点66

【2014年】
・36節
1位 湘 南 勝点89
2位 松 本 勝点70
3位 磐 田 勝点62
4位 北九州 勝点58
5位 千 葉 勝点55
6位 岡 山 勝点54
・最終順位
1位 湘 南 勝点101
2位 松 本 勝点83
3位 千 葉 勝点68
4位 磐 田 勝点67
5位 北九州 勝点65
6位 山 形 勝点64

【2015年】
・36節
1位 大 宮 勝点75
2位 磐 田 勝点66
3位 福 岡 勝点64
4位 C大阪 勝点62
5位 東京V 勝点54
6位 長 崎 勝点53
・最終順位
1位 大 宮 勝点86
2位 磐 田 勝点82
3位 福 岡 勝点82
4位 C大阪 勝点67
5位 愛 媛 勝点65
6位 長 崎 勝点60

【2016年】
・36節
1位 札 幌 勝点78
2位 松 本 勝点71
3位 C大阪 勝点67
4位 清 水 勝点66
5位 岡 山 勝点63
6位 京 都 勝点59
・最終順位
1位 札 幌 勝点85
2位 清 水 勝点84
3位 松 本 勝点84
4位 C大阪 勝点78
5位 京 都 勝点69
6位 岡 山 勝点65

【2017年】
・36節
1位 湘 南 勝点77
2位 福 岡 勝点67
3位 長 崎 勝点64
4位 名古屋 勝点62
5位 松 本 勝点61
6位 徳 島 勝点57
・最終順位
1位 湘 南 勝点83
2位 長 崎 勝点80
3位 名古屋 勝点75
4位 福 岡 勝点74
5位 東京V 勝点70
6位 千 葉 勝点68

▽つまり、36節までに6位に入っていて、最終的にプレーオフ圏内に入れなかったのは、2012年の東京V、2014年の岡山、2015年の東京V、2017年の松本と徳島の5チーム。36チーム中5チームということで、現時点からプレーオフに出られるのは約86パーセント!!

▽これって一息つける? って過去2回、ここから圏外に落ちてしまった東京Vは安心してないだろうなぁ……。


【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング