最下位ウエスカ、40歳フランシスコ・ロドリゲス氏が監督就任

超ワールドサッカー / 2018年10月11日 13時17分

写真:Getty Images

▽ウエスカは10日、スペイン人のフランシスコ・ロドリゲス氏(40)を新監督に招へいしたことを発表した。

▽9日に成績不振を理由にレオ・フランコ前監督を解任したウエスカは、ここまでリーグ戦第8節を終えて1勝2分け5敗で最下位に位置。沈みゆく船の舵取りを任されたのが、前監督のさらに1歳年下の若手監督だった。

▽ロドリゲス氏は、現役時代はアルメリアやアルバセテでプレー。2010年の引退後すぐにアルメリアのアンダーチームの監督に就任すると、2013-14シーズンには同クラブのトップチームを任され、これまでの監督キャリアではそのシーズンが唯一のラ・リーガでの指揮となっていた。

▽直近では、17-18シーズンにスペイン2部のルーゴを率いて12位の成績。また、今年6月末にはコルドバ監督に就任したものの、クラブの財政難によって8月頭に辞任していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング