イカルディにとってのインテル…「成長させてくれたクラブ」

超ワールドサッカー / 2018年10月12日 17時10分

写真:Getty Images

▽インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)がクラブに感謝した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。

▽2013年夏にサンプドリアからインテルに加入したイカルディ。そのインテルに加入して以降、公式通算190試合112得点25アシストの成績を誇り、2度のセリエA得点王に輝くなど指折りのストライカーとして世界に名を轟かせている。

▽さらに、2015年からインテルでキャプテンマークを受け継ぎ、精神的支柱としてもチームを引っ張るイカルディは、クラブ公式チャンネルで次のようにコメント。インテル、そしてクラブが拠点とするミラノの街に謝意の気持ちを示した。

「インテルは僕にたくさんのことを与えてくれたクラブだ。20歳でやってきた僕をフットボーラーとしてだけでなく、人としても成長をさせてくれた。インテルとミラノの街に感謝しかないよ」

▽なお、そのイカルディとインテルの現行契約は2021年まで。長らく延長交渉の可能性が取り沙汰されているが、いまだ合意に至っておらず、今後の動向に注目が集まっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング