イグアイン、ミラン移籍の真実…「ユーベが追い出した」

超ワールドサッカー / 2018年10月19日 11時15分

写真:Getty Images

▽ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(30)がユベントス退団の真実を明かした。

▽イグアインは2016年夏、ナポリからユベントスに移籍。だが、今夏にレアル・マドリーからユベントス入りしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに押し出される形でミランに活躍の場を移した。

▽このユベントス退団を巡り、様々な憶測が取り沙汰されるイグアイン。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』に対して、その当時の舞台裏について次のように語った。

「コッパ・イタリア決勝の日から何かが壊れてしまったように感じる」

「そして、彼らはロナウドを獲得した。移籍は僕じゃなく、彼らの決断だ。僕はユベントスに全てを注ぎ、たくさんのトロフィー獲得に貢献した」

「だが、クリスティアーノがやってきた。さらなる質の向上を望むクラブが僕に移籍を求めてきたから、ミラノを選んだ。それが最高の解決策だった」

「(ユベントスに復讐?) そんなことは全く考えていない。ファンやチームメートを含め、僕に良くしてくれたクラブだから愛情しかない」

「だから、僕から移籍を志願したわけじゃない。みんなが話しているように、彼らが僕を追い出した格好だよ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング