モンツァの新監督にブロッキ氏が就任! ベルルスコーニ氏と再タッグ

超ワールドサッカー / 2018年10月23日 3時0分

写真:Getty Images

▽セリエC(イタリア3部)モンツァは22日、新監督にクリスティアン・ブロッキ氏(42)を招へいしたことを発表した。

▽先月、元ミランのオーナーでイタリア首相も務めたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏と、その右腕のアドリアーノ・ガッリアーニ氏が、クラブの全株式を取得したモンツァは、22日に2016年からチームを指揮してきたマルコ・ザファロニ監督を成績不振で解任。

▽その後任として、ミラン時代にも共に仕事をしたブロッキ氏を招聘した。2014年からミランのプリマヴェーラの監督を務めていたブロッキ氏は、2016年4月にシニシャ・ミハイロビッチ監督の解任を受けてミランのトップチームの指揮官に抜擢。しかし、公式戦7試合で2勝2分け3敗と結果を出せず、同年6月に契約満了で退任。

▽ミラン退任後は、同年7月にセリエBのブレシアの指揮官に就任したが、公式戦34試合でわずか7勝しか挙げられず、2017年3月に解任。同年6月からは、中国スーパーリーグに所属する江蘇蘇寧の新監督に就任したファビオ・カペッロ氏のアシスタントコーチとして入閣したが、2018年3月にカペッロ監督の退任に伴い自身も退団していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング