もうマドリーに興味なし…? C・ロナウドがイスコの発言に返答

超ワールドサッカー / 2018年10月23日 8時55分

写真:Getty Images

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、元同僚の発言に反応した。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽直近の公式戦5試合1分け4敗と大不調に陥っているレアル・マドリー。特に1-2で敗北した20日のリーガエスパニョーラ第9節レバンテ戦で得点を記録するまでに、連続無得点時間がクラブワーストの480分に到達した。当然ながら、今夏にC・ロナウドがマドリーからユベントスに去ったことによる得点力不足が指摘されている。

▽23日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第3節ヴィクトリア・プルゼニ戦の前日会見に出席したマドリーのスペイン代表MFイスコは、「ここに居ることを望まなかった誰かのことで泣いても仕方がない」と発言。C・ロナウド退団の影響を気にしても仕方がないと主張した。

▽同じく23日に行われるCLグループH第3節マンチェスター・ユナイテッドvsユベントスの前日会見に出席したC・ロナウドは、イスコの発言について問われると以下のように返答した。

「ベリーグッド、ベリーグッド」

「(イスコがC・ロナウドのために)泣くことはできないね」

▽C・ロナウドの返答は、ごく短く簡素なもので終了。もはやマドリーについてそれほど語ることはないのだろう、と『マルカ』は結んでいる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング