レーティング: パリ・サンジェルマン 2-2 ナポリ《CL》

超ワールドサッカー / 2018年10月25日 6時12分

写真:Getty Images

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第3節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsナポリが24日に行われ、2-2で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽パリ・サンジェルマン採点

(C)CWS Brains,LTD.
GK
16 アレオラ 5.0
特別好守はなく2失点

DF
12 ムニエ 6.0
後半にポジションを変えて持ち味の攻撃参加を増やし、オウンゴールを誘発した

5 マルキーニョス 5.0
キンペンベと連係が合わない場面が散見。2失点目は防ぎたかった

3 キンペンベ 5.0
インシーニェの失点場面は背後をあっさり取られた

14 ベルナト 5.0
攻撃参加は図っていたがさほど効果的はなかった

(→ケーラー 5.5)
後半から投入され、3バックの右で無難にプレー

MF
6 ヴェッラッティ 5.5
さすがのキープ力を見せる場面もあったが、やや持ち過ぎな面も

(→ディアビ -)

10 ネイマール 6.0
単騎突破と味方を使うパスで好機を生み出した

25 ラビオ 5.5
とりわけ前半は守備時の切り替えに問題があった

FW
7 ムバッペ 6.0
ネイマールとの連係からシュートに持ち込む

9 カバーニ 5.0
古巣相手に前半、2つ程チャンスがあったが決め切れず。後半は見せ場を作れず

(→ドラクスラー -)

11 ディ・マリア 6.5
敗戦濃厚となっていた中、見事なシュートで同点に持ち込んだ

監督
トゥヘル 6.0
後半のシステム変更は奏功した

▽ナポリ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
25 オスピナ 6.5
2失点も好守を見せていた

DF
19 マクシモビッチ 5.5
守備に専念してディ・マリアのスピードを封じる

33 アルビオル 6.5
ポジショニング良くクロスボールやシュートを跳ね返した

26 クリバリ 6.5
1失点目の場面ではネイマールに食いつき過ぎたが、概ね持ち前の対人の強さを発揮

6 マリオ・ルイ 5.0
前半は積極的に攻撃参加を図るも、後半は守備に追われオウンゴール献上

MF
7 カジェホン 6.0
インシーニェのゴールをアシスト。攻守に奮闘していた

(→ログ -)

5 アラン 6.5
球際の強さを発揮して守備面で貢献

17 ハムシク 6.0
正確なパスでとりわけ前半半ば以降はゲームを作った

8 ファビアン・ルイス 5.5
インシーニェ交代後、2トップの一角に入って以降は厳しかったが、2点目に関与

FW
24 インシーニェ 6.0
さほどボールに関われなかったが、相手の背後を狙って先制点

(→ジエリンスキ 5.5)
劣勢の時間帯での投入だったため難しかった

14 メルテンス 6.0
抜け目なくゴールを狙い続け、2点目を奪取

監督
アンチェロッティ 6.0
フラットな[4-4-2]のシステムでPSGをうまくハメていた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)
▽ナポリの大半の選手も好パフォーマンスを見せたが、敗色濃厚だった中、起死回生の同点弾を決めたディ・マリアを選出。

パリ・サンジェルマン 2-2 ナポリ
【パリ・サンジェルマン】
OG(後16)
ディ・マリア(後48)
【ナポリ】
インシーニェ(前29)
メルテンス(後32)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング