セビージャ、ホームでジローナを下して2位堅守《リーガエスパニョーラ》

超ワールドサッカー / 2018年12月16日 21時56分

写真:Getty Images

▽セビージャは16日、リーガエスパニョーラ第16節でジローナと対戦し、2-0で勝利。

▽第15節を終えた時点でバルセロナに次ぐ2位に位置しているセビージャ(勝ち点28)。パブロ・マチン新監督の下、堅守速攻を軸に勝ち点を重ねているが、ここ2試合は引き分け続き。3試合ぶりの白星を目指す今節は、前節のバレンシア戦からスタメンを3人変更。メルカド、フランコ・バスケス、プロメスを代えて、カリソ、ヘスス・ナバス、ロケ・メサが起用された。

▽ファーストシュートを許したセビージャだったが8分、右サイドを抜け出したサラビアのクロスの跳ね返りをベン・イェデルがダイレクトシュート。サイドネットを叩いたが、初シュートでゴールに迫った。

▽ホームの声援を背に攻めるセビージャは23分には、味方からの横パスを受けたバネガがボックス手前から強烈なシュートを放つ。28分には右サイドからのグラウンダーのクロスにエスクデロが反応。だが、ペナルティアーク付近からのシュートはGKの正面に飛んだ。

▽立て続けにゴールに迫るセビージャは30分、今度はカウンターからチャンスを演出。ドリブルで攻め上がったアンドレ・シウバのスルーパスを、サラビアがボックス右から狙うも、GKイライソが足で止めるビッグセーブ。先制点には至らなった。

▽押し気味に進めていたセビージャだが43分、ジローナの右サイドのポルトゥにクロスを上げられると、ファーサイドに飛び込んだストゥアーニのシュートを許す。ゴール至近距離からのシュートだったが、幸いにもGKバシリクの正面に飛んだためはじき返した。

▽前半終了間際にも、ロケ・メサがゴールに迫るシーンがあったものの、ロケ・メサのシュートもGKイライソスに止められ、前半はゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、セビージャは55分にカウンターからボックス右に侵入したアンドレ・シウバが相手に倒されPKを獲得。これをバネガが決めて先制した。
▽これで肩の力が抜けたセビージャは64分、カウンターで中央を侵攻したサラビアが左サイドに流れたベン・イェデルに展開。ベン・イェデルはすぐに折り返すと、ボックス中央でサラビアがダイレクトで押し込んで追加点を挙げた。

▽その後も試合の主導権を握るセビージャは70分過ぎに賭けて立て続けに相手のゴールに迫る。しかしジローナも後半アディショナルタイムにボルハ・ガルシアゴール右上隅を突くシュートでGKバシリクを強襲。

▽その後のジローナのCKも跳ね返したセビージャが2-0で勝利。リーグ戦3試合ぶりの勝利を手にした。

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング