金沢、仙台DF小島雅也の期限付き移籍を発表 今季は町田に期限付き加入

超ワールドサッカー / 2018年12月22日 14時10分

▽ツエーゲン金沢は22日、DF小島雅也(21)がベガルタ仙台から育成型期限付き移籍で加入することを発表した。期間は、2019年2月1日から2020年1月31日まで。なお、小島は仙台と対戦する全ての公式戦に出場できない。

▽小島は、仙台ユース出身で、2016年にトップチームへと昇格。今シーズンは育成型期限付き移籍でFC町田ゼルビアに加入し、明治安田生命J2リーグ10試合に出場した。

▽小島は、金沢、仙台、町田のクラブ公式サイトを通じてそれぞれ以下のようにコメントしている。

◆ツエーゲン金沢
「ツエーゲン金沢の皆様、はじめまして。2019シーズンから加入することになりました小島雅也です。自分の武器である攻撃参加でチームに貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!」

◆ベガルタ仙台
「小島雅也選手がFC町田ゼルビアへの育成型期限付き移籍期間を満了し、ツエーゲン金沢へ育成型期限付き移籍することが決定しましたのでお知らせいたします。移籍期間は2019年2月1日~2020年1月31日までです。なお、同選手は当クラブとの公式戦には出場できません」

◆FC町田ゼルビア
「1年間という短い期間でしたが、応援ありがとうございました。なかなかチームに貢献はできませんでしたが、改めて自分を見つめ直すことができた良い1年になりました。本当に1年間、熱い応援ありがとうございました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング