ムヒタリアンが右足中足骨骨折で6週間の離脱

超ワールドサッカー / 2018年12月25日 0時0分

写真:Getty Images

▽アーセナルは24日、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが6週間ほど離脱することを発表した。

▽ムヒタリアンは19日に行われたEFLカップ準々決勝トッテナム戦で先発したものの、前半で交代していた。そして、22日に行われたバーンリー戦を欠場していた。アーセナルの発表によれば、ムヒタリアンはトッテナム戦で右足中足骨を骨折していたとのことだ。

▽予想される復帰戦は2月3日のマンチェスター・シティ戦で、これから迎える過密日程で起用できないのは当然ながら、リバプールやチェルシーとのビッグマッチもムヒタリアンを欠いて戦うこととなった。

▽準主力として活躍するムヒタリアンは今季のプレミアリーグで9試合に先発して4ゴールを挙げている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング