若手3選手がトップデビューのリバプール、ウルブズに競り負け公式戦連敗で敗退《FAカップ》

超ワールドサッカー / 2019年1月8日 6時38分

写真:Getty Images

リバプールは7日、FAカップ3回戦でウォルバーハンプトンとアウェイで対戦し、1-2で敗戦した。

4日前に行われたマンチェスター・シティとの頂上決戦を1-2で惜敗し、リーグ戦初黒星を喫したリバプールはそのシティ戦のスタメンからミルナーとロブレン以外の9選手を変更。C・ジョーンズとカマーチョがトップチームデビューとなった。サラー、フィルミノ、マネのトリオはベンチスタートとなった。

主力を起用してきたプレミアリーグで9位に付けるウルブズに対し、リバプールはフラットな[4-4-2]を採用。GKにミニョレ、4バックに右からカマーチョ、ロブレン、ファビーニョ、A・モレーノ、中盤に右からシャキリ、ミルナー、N・ケイタ、C・ジョーンズ、2トップにオリジとスタリッジを起用した。

開始早々、ロブレンが左足ハムストリングを負傷し、6分にトップチームデビューとなる16歳のホイーバーをセンターバックに投入せざるを得なくなったリバプールがボールを持つ展開で立ち上がっていくも、シュートに持ち込むには至らない。

互いにシュートシーンを作れず互角の攻防が続く中、リバプールは31分にようやくルーズボールをボックス左で拾ったシャキリがシュートに持ち込んだ。

しかし37分、ミルナーのボールロストからショートカウンターを受けると、ボックス右への侵入を許したヒメネスにGKとの一対一を制され、ウルブズに先制されてしまった。

リバプールが1点ビハインドで迎えた後半、開始6分に追いつく。ミルナーのシュートのルーズボールを拾ったペナルティアーク右のオリジが左足でゴール右に蹴り込んだ。

しかし55分、ウルブズがネヴェスのファインゴールですかさず勝ち越す。ボックス手前左でパスを受けたネヴェスが右足を一閃すると、強烈なシュートがゴール左隅に決まった。

再び追う展開となったリバプールは69分に同点のチャンス。ボックス手前右で得たFKをシャキリが狙い、シュートが右ポストに直撃した。直後、スタリッジとC・ジョーンズに代えてサラーとフィルミノを投入したリバプールが押し込む流れとなったが、チャンスを生み出すには至らず1-2のまま敗戦。公式戦連敗でFAカップ敗退となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング