岡崎と吉田不在の対決は10人のセインツが逃げ切り勝利で降格圏脱出《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2019年1月13日 1時58分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第22節、レスター・シティvsサウサンプトンが12日に行われ、1-2でサウサンプトンが勝利した。レスターのFW岡崎慎司はベンチ外、サウサンプトンのDF吉田麻也はアジアカップ参戦中のため欠場となった。

新年初戦の前節エバートン戦を1-0と勝利して7位に浮上したレスター(勝ち点31)は、直近のFAカップで4部相手に先発しながらもチャンスを決めきれなかった岡崎がベンチ外となった。

一方、前節チェルシー戦を吉田の活躍もあってゴールレスドローに持ち込んだ18位サウサンプトン(勝ち点16)は、吉田がアジアカップ参戦中のため欠場となった。

日本人が不在となった一戦は、アームストロングが序盤に際どいシュートを2本放つなどサウサンプトンが良い入りを見せると、10分にPKを獲得した。ロングがボックス左に侵入したところでメンディに倒された。このPKをワード=プラウズが決めてサウサンプトンが先制した。

失点を受けて前がかるレスターに対し、シュートを打たせないサウサンプトンは28分に追加点のチャンス。しかし、CKからスティーブンスの放ったヘディングシュートはGKシュマイケルにセーブされた。

すると35分、レスターに同点のチャンス。FKの流れからルーズボールをボックス左のモーガンがプッシュ。しかし、ゴールライン前に戻ったベドナレクに決死のクリアで阻まれた。

だが45分、レスターは数的優位となる。チルウェルと再三やりあってイエローカードを受けていたヴァレリがオルブライトンを倒して2枚目のイエローカードを受け、退場となった。

ところが追加タイム2分、10人のサウサンプトンがロングの今季初ゴールで加点する。ロングボールを収めたロングがメンディとの競り合いを制してボックス左に侵入。ゴール右にシュートを流し込んで2-0とし、前半を終えた。

後半からメンディとオルブライトンに代えてグレイとバーンズを投入したレスターは開始4分、マグワイアのミドルシュートでGKを強襲。続く52分にもマディソンもミドルシュートでGKを強襲したレスターが攻勢に出ると、58分に1点差に詰め寄った。

リカルド・ペレイラが右サイドゴールライン際までえぐって折り返したクロスをエンディディが身体で押し込んだ。

その後もレスターが攻勢に出る中、76分にチョーダリーに代えてゲザルを投入し、3枚の交代枠を使い切った。そのレスターが終盤にかけても押し込む流れが続いたが、決定的なチャンスは作れずに1-2で敗戦。

一方、リーグ戦4試合ぶりの勝利を手にしたサウサンプトンは17位に浮上し、降格圏を抜け出している。

超ワールドサッカー

トピックスRSS

ランキング