ヴェッラッティ重傷か トゥヘルの見解は…

超ワールドサッカー / 2019年1月20日 8時45分

写真:Getty Images

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督がイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティの重傷を懸念した。フランス『Canal+』が報じた。

PSGは19日にホームで行われたリーグ・アン第21節でギャンガンと対戦。フランス代表FWキリアン・ムバッペとウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの“ダブルハット”達成もあり、9-0で爆勝した。だが、この試合に先発したヴェッラッティは19分に左足首を痛めてピッチを去り、そのまま病院に直行。トゥヘル監督は試合後、ヴェッラッティについて次のように語った。

「良いニュースはない。深刻だと思う。起こり得る最悪の出来事だ。悲しさと嬉しさがある。良いスピリットとクオリティを示して、9-0で勝利したのだからね。だが、マルコ・ヴェッラッティに関しては残念だ。数週間ほど離脱する可能性がある」

PSGは現在、移籍志願のフランス代表MFアドリアン・ラビオがリザーブチームに降格したこともあり、ボランチの陣容が手薄な状況。ヴェッラッティは2月12日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのマンチェスター・ユナイテッド戦に間に合うのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング