塩谷司所属のアル・アイン、マミッチ監督がアル・ヒラルの指揮官に就任

超ワールドサッカー / 2019年1月31日 13時55分

写真:Getty Images

サウジアラビアのアル・ヒラルは31日、新監督にゾラン・マミッチ氏(47)を招へいしたことを発表した。

クロアチア人指揮官のマミッチ氏は、現役時代にディナモ・ザグレブやボーフム、レバークーゼンなどでプレー。1998年に行われたフランス・ワールドカップではクロアチア代表メンバーに選出されたものの、出場機会がなかった。

引退後は古巣のディナモ・ザグレブでスポーツディレクターに就任すると、2013年8月から暫定監督を、2013年10月からは正式に監督に就任。2016年7月まで指揮をとり、クロアチアリーグで3度、クロアチアカップで2度優勝していた。

2016年7月からはサウジアラビアのアル・ナスルで指揮を執ると、2017年2月には日本代表MF塩谷司や元鹿島アントラーズのMFカイオらが所属するアル・アインの監督に就任。2017-18シーズンはアラビアン・ガルフ・リーグ、プレジデントカップの国内2冠を達成。2018年12月に行われたクラブ・ワールドカップでは、決勝に駒を進めレアル・マドリーと対戦。塩谷がゴールを記録するなど奮闘したが、準優勝に終わっていた。

アル・ヒラルは、同日に2018年6月から指揮を執っていたポルトガル人指揮官のジョルジェ・ジェズス監督(64)を解任していた。

今シーズンのアル・ヒラルは、17試合を終えて現在首位。今冬には、ツルヴェナ・ズヴェズダから横浜F・マリノスでもプレーしたオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクを獲得。また、同日にイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコをトロントFCから獲得していた。

なお、アル・ヒラルは2019年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場。中島翔哉の移籍が噂されるカタールのアル・ドゥハイルや日本代表MF塩谷司が所属するUAEのアル・アイン、イランの強豪・エステグラルとグループステージで対戦する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング