ベシクタシュ、次は清武弘嗣に白羽の矢!?

超ワールドサッカー / 2019年3月24日 21時0分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

セレッソ大阪に所属する元日本代表MF清武弘嗣(29)に対して、ベシクタシュの関心が急浮上した。トルコ『Sabah』が報じた。

今冬にドルトムントから日本代表MF香川真司をレンタルしたベシクタシュのフィクレット・オルマン会長は、日本のファン拡充を目指して先週に来日。日本の有力幹部との会談にて、香川を買い取る必要性と新たな日本人選手獲得のアドバイスを受けた模様だ。

そこで名前が挙がったのが清武だ。香川の完全移籍と共に、ブンデスリーガやリーガエスパニューラといった欧州でのプレー経験と人気を誇る清武の獲得を実現させることができれば、日本市場におけるベシクタシュのユニフォーム売り上げ増加も期待できるという。

その清武は2017年夏、セビージャから古巣C大阪に復帰。相次ぐケガに苦しむシーズンが続くが、今年は明治安田生命J1リーグ開幕から全4試合に先発している。今オフに日本代表FW杉本健勇ら同代表MF山口蛍らを失ったC大阪としては耳が痛い話だが、果たして…。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング