昨季湘南退団のミキッチ、現役引退…J在籍10年、広島時代には3度のJ1制覇に貢献

超ワールドサッカー / 2019年4月18日 16時25分

写真:(c) J.LEAGUE PHOTOS

湘南ベルマーレは18日、昨シーズンまで同クラブに在籍していたクロアチア人MFミキッチ(39)が現役を引退することを発表した。

母国のインテル・ザプレシッチでプロキャリアをスタートさせたミキッチは、ディナモ・ザグレブ、カイザースラウテルンなどを経て、2009年にサンフレッチェ広島に完全移籍。すぐさま主力に定着すると、鋭い仕掛けと相手の急所を突く高精度のクロスを武器に右サイドの支配者に君臨し、3度のJ1制覇(2012年、2013年、2015年)に貢献した。その後、2018年に9年在籍した広島から湘南へ。公式戦7試合に出場し、シーズン終了後に退団していた。

日本で10年間プレーしたミキッチは、J1通算227試合8得点、リーグカップ通算18試合、天皇杯通算12試合1得点、ACL通算7試合、クラブW杯通算5試合を記録。

現役を退く決断を下したミキッチは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「この度、現役を引退する事を決意しましたので皆様に報告します。私自身はまだプレー出来ると思いオファーを待っていましたが、また日本でプレーをするという事は叶いませんでした」

「10年間日本でプレーしたことは、私にとって人生最大の喜びであり、誇りです。どんな時でも私に寄り添い、力を与えてくれたサポーターの皆さんには本当に感謝しています。そして、私と共に戦ったチームメイト、監督、スタッフのみなさん本当にありがとう!」

「サンフレッチェ広島では3回のリーグ優勝、現役最後のチーム、湘南ベルマーレでもルヴァンカップのタイトルを獲得する事ができました。私は私らしく勝者として現役生活の幕を下ろしたいと思います。また近い将来、日本の皆さんに会える事を楽しみにしてます!」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング