PK戦までもつれ込む激闘を制したレンヌが48年ぶり3度目の制覇!《クープ・ドゥ・フランス》

超ワールドサッカー / 2019年4月28日 6時59分

写真:Getty Images

クープ・ドゥ・フランス決勝のスタッド・レンヌvsパリ・サンジェルマン(PSG)が27日にスタッド・ド・フランスで行われ、2-2のスコアで120分が終了。その後に行われたPK戦の結果、6-5でレンヌが勝利。この結果、レンヌが48年ぶり3度目のクープ・ドゥ・フランス優勝を飾った。

5連覇を目指すPSGは、リーグ・アン連覇を決めた21日のモナコ戦からスタメンを4人変更。GKにアレオラが入ったほか、最終ラインは右からダグバ、マルキーニョス、キンペンベ、ベルナトの4人。中盤はアンカーにヴェッラッティを起用しインサイドはダニエウ・アウベスとドラクスラーを配置。3トップは右からディ・マリア、ムバッペ、ネイマールと並べた。

試合が動いたのは13分、PSGはネイマールの左CKからペナルティアーク右付近のダニエウ・アウベスが右足ボレーでゴール左隅にシュートを叩き込んだ。さらにPSGは、15分にもディ・マリアのパスに抜け出したムバッペがボックス右からシュートを放ったが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。

先制点で主導権を握ったPSGは22分、ディ・マリアの縦パスで相手DFの裏に抜け出したネイマールがペナルティアーク内まで持ち上がり、飛び出したGKの上を越すループシュートでゴールネット揺らした。

2点を追うレンヌは38分、中盤からのロングパスを最前線で受けたニアンが巧みな反転で相手DFをかわすと、ボックス手前まで持ち込みゴール左を狙ったコントロールショットを放ったが、このシュートは左ポストを直撃。決定機を逃したレンヌだが40分、右サイドをドリブルで突破したハマリ・トラオレのクロスがキンペンベのオウンゴールを誘い、1点を返した。

迎えた後半、先にスコアを動かしたのは1点を追うレンヌ。66分、グルニエの左CKをメクセルがヘディングで叩き込み、試合を振り出しに戻した。

同点に追い付かれたPSGは72分、ダニエウ・アウベスの右クロスをニアサイドに走り込んだムバッペが合わせたが、これは枠の右。さらに85分には、ボックス左に抜け出したムバッペの折り返しにネイマールが飛び込んだが、これはわずかに届かず。

その後も両者に勝ち越しゴールは生まれず、2戦合計スコア2-2のまま試合は延長戦へ。延長前半に向けて、PSGはドラクスラーを下げてカバーニを投入。すると99分、ネイマールのスルーパスに抜け出したムバッペがゴールエリア左からシュートを放ったが、これは右ポストを直撃。

2-2のまま迎えた延長後半、PSGはダグバを下げてディアビを投入。対するレンヌはブリゴーを下げてシリキをピッチに送り出した。すると、レンヌは110分に決定機。ボックス右から侵入したサールの折り返しをペナルティアーク内で受けたベン・アルファがワントラップから左足を振り抜いたが、このシュートは枠の左に外れた。

膠着状態が続く中、PSGは118分にアクシデント。ムバッペがボールを奪おうとした際にダ・シルバの右足をスパイクしてしまい、レッドカードで退場処分となった。その後もスコアの動かなかった試合はPK戦へ。

PK戦では、6人全員が成功したレンヌに対し、PSGは6人目のエンクンクが失敗。PKスコア6-5で勝利したレンヌが48年ぶり3度目のクープ・ドゥ・フランス制覇を達成した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング