レーティング:アーセナル 3-1 バレンシア《EL》

超ワールドサッカー / 2019年5月3日 6時5分

写真:Getty Images

ヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグのアーセナルvsバレンシアが2日にアーセナル・スタジアムで行われ、3-1でアーセナルが先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アーセナル採点

(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 チェフ 6.0
失点はノーチャンス。73分の飛び出しはさすがの一言

DF
20 ムスタフィ 5.5
ディアカビのマークにつききれずアウェイゴールを許す

5 パパスタソプーロス 6.0
要所を締めた守備を続けた

6 コシエルニー 6.0
集中を保ってプレー

(→モンレアル -)

MF
15 ナイルズ 5.5
攻守のバランスを整える。シンプルなプレーを心掛けた

29 グエンドウジ 5.0
ボールが足元につかず、簡単なパスミスを露呈

(→トレイラ 5.5)
グエンドウジより安定したプレーを見せた

10 エジル 6.0
献身的にプレー。同点弾を生み出すカウンターの起点となった

(→ムヒタリアン -)

34 ジャカ 6.0
時折見せる攻撃参加でアクセントとなった。2点目のゴールを演出

31 コラシナツ 6.0
積極的な攻撃参加で貴重な3点目をアシスト

FW
9 ラカゼット 7.0
2ゴールを挙げ逆転勝利の立役者に

14 オーバメヤン 7.0
攻撃で存在感を発揮し、1ゴール1アシストの活躍

監督
エメリ 6.0
古巣対決で見事な逆転勝利を飾り決勝進出へ大きく前進

▽バレンシア採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 ネト 5.5
失点はいずれもノーチャンス。67分にはファインセーブ披露

DF
5 ガブリエウ 5.5
対人の強さを見せるなど安定していた

24 ガライ 5.0
アーセナル攻撃陣の対応に苦しんだ

4 ロンカーリア 5.0
背後のスペースを狙うラカゼットをケアできず逆転弾を許す

MF
21 ピッチーニ 5.0
自サイドから多くのチャンスを許した

8 ソレール 5.0
なかなかチャンスに顔を出せず

(→ヴァス 5.0)
途中出場も違いを生み出せず

12 ディアカビ 5.5
貴重なアウェイゴールをゲット

10 パレホ 5.5
積極的なミドルシュートでアーセナルゴールに迫った

14 ガヤ 5.5
左サイドを大きく崩されることはなかった

FW
19 ロドリゴ・モレノ 6.0
前線で攻撃に厚みをもたらし先制点をアシスト

7 ゴンサロ・ゲデス 5.5
アーセナルの守備陣に抑え込まれ、役割が果たせず

(→ガメイロ 5.5)
73分の決定機は決めたかった

監督
マルセリーノ 5.0
奇策の3バックを採用したが3失点を喫し逆転負け

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
オーバメヤン(アーセナル)
2ゴール記録したラカゼットの活躍も見事だったが、今回は1ゴール1アシストのオーバメヤンをMOMに選出。反撃の狼煙となる同点弾のアシストや決勝進出へ大きく近づく3点目を挙げるなど重責を果たした。

アーセナル 3-1 バレンシア
【アーセナル】
ラカゼット(前18)
ラカゼット(前26)
オーバメヤン(後46)
【バレンシア】
ディアカビ(前11)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング