アサモア・ギャンがガーナ代表引退を発表…「僕は幸せなふりはしたくない」

超ワールドサッカー / 2019年5月21日 18時3分

写真:Getty Images

トルコのカイセリスポルに所属するFWアサモア・ギャン(33)が20日にガーナ代表からの引退を表明した。

同選手は20日に自身のツイッターを更新し長文の声明を発表。今回の代表引退は、ガーナ代表のクウェシ・アッピアー監督が来月にアフリカ・ネーションズカップを控えたこの状況で、キャプテンをアサモア・ギャンから他の選手に代える決断をしたことへの反抗を意味しているようだ。

「家族やチームと話したうえで、僕が大会期間中にキャプテンマークを剥奪され他の選手に移されるというのであれば、僕は大会を去ることを希望する。そして代表からも永遠に引退する」

「僕は幸せなふりはしたくない。それなら自分で心や体を傷付けるほうがマシだ。何年も僕は心を開いて尽くしてきた。僕の力の限りを与えてきた。ガーナ代表という素晴らしいチームに」

「この国のカラーを身にまとい、10回も主要大会に出られたことを誇りに思う」

2003年11月にソマリア代表戦で17歳にしてデビューを果たしたアサモア・ギャン。初めてキャプテンマークを巻いたのは2012年10月のアフリカ・ネーションズカップ予選のマラウイ代表戦だった。以降、長年に渡りキャプテンを任されてきた同選手は、通算106試合で51ゴールをマーク。ブラック・スターズの歴代最多得点を誇っている。

ガーナ代表は来月に開催を控えるアフリカ・ネーションズカップに参加するが、アサモア・ギャンは出場しないことになった。同選手は最後にこう綴っている。

「僕はビジネスマンや投資を通じて様々な方法でガーナという国に仕えていく。2003年からともに過ごした仲間や監督、友達に感謝したい。ジャーナリストやファンもみんなサポートしてくれた。このチームのスタッフや選手たちの最大の幸福を祈っている」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング