ニューカッスルがマタ獲得に乗り出す? ベニテスが再タッグ熱望

超ワールドサッカー / 2019年5月22日 16時42分

写真:Getty Images

ニューカッスルが、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFフアン・マタ(31)の獲得レースに乗り出すようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

今季限りでユナイテッドとの契約満了を迎えるマタ。今季公式戦32試合出場のスペイン代表MFにクラブも契約延長を打診しているようだが、今のところ合意には至っていない。

そんなマタの新天地として有力視されているのがバルセロナだ。マタも母国復帰を希望していると伝えられていることから、両者は相思相愛と噂されたが、そこにニューカッスルが水を差す形で割って入るようだ。

伝えられるところによると、ニューカッスルのマイク・アシュリーオーナーは26歳以下の選手との契約を重視している様で、31歳のマタは戦略に反する模様。また、同選手が現在ユナイテッドから受け取っている週給14万ポンド(約1900万円)という給与が高額過ぎることもネックとなっているようだ。

だが、マタとの再会を望むラファエル・ベニテス監督がオーナーの説得を試みるようだ。同監督がチェルシーの暫定指揮官に就任した2012-13シーズン、マタはスペイン人監督の下でリーグ戦25試合に出場し7ゴール11アシストを記録した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング