広島が本田ラストマッチのメルボルンVに快勝!GS5勝1敗で堂々の首位突破!!《ACL2019》

超ワールドサッカー / 2019年5月22日 21時0分

写真:Getty Images

サンフレッチェ広島は22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループF最終節でメルボルン・ビクトリーと対戦し、3-1で勝利した。

前節にグループ首位突破を決めている広島。国内リーグでは5連敗で絶不調であるのとは裏腹に、こちらでは4連勝と絶好調だ。今回のアウェイ戦に向けては若手主体の構成に。ベンチ入りは4人のみとなった。

メルボルン・ビクトリーでは本田圭佑がラストマッチ。そんな一戦で先制したのは広島だった。5分、森島の右CKを松本大弥が頭で逸らすと、もう一人の“松本”、松本泰志が押し込んでネットを揺らした。

だがその後は攻め込まれる展開に。メルボルン・Vは17分にトイヴォネンの突破からバエナがボックス左からシュート。ゴール右下を狙ったシュートだったが枠を外れた。27分には本田のパスからトイヴォネンにチャンスが訪れたが、シュートは右に逸れた。

その2分後には水本のファウルでメルボルン・VがFKを獲得。ボックス手前右という絶好の位置でキッカーは本田。短い助走から味方に合わせるようなキックはGK林が直接キャッチした。なお、このプレーでイエローカードを受けた水本は、次戦は累積で出場停止となった。

劣勢の広島は36分、左の森島のクロスをファーから飛び込んだ松本大がヘディングシュート。しかし、GKトーマスのファインセーブに遭いネットを揺らせず。前半は1点リードで折り返した。

後半開始早々、広島はボックス手前左の位置でFKを与えてしまう。トイヴォネンのシュートは枠の右を捉えたが、GK林が横っ飛びで弾き出した。

対する広島は56分に細かくパスを繋いで右サイドからクロスを供給。流れた先にいた清水がボックスの外から狙ったがGKトーマスに止められた。

広島のリードのまま迎えた70分。ここから試合は大きく動く。まずはメルボルン・V。トロイージが獲得したFKをトイヴォネンがボックス手前真ん中から直接決めて同点に。

しかしこの失点をきっかけに広島が猛攻を見せる。失点から3分後の73分に左から中へ仕掛けた野津田から森島へと繋ぎ、森島はワンタッチでボックス左へ。これを皆川がダイレクトで狙うと、ゴール右に綺麗に決まって再び勝ち越した。

さらにその2分後には、ハーフスペース右でボールを持っていた森島が、GKの位置を見てミドルシュートを選択。するとこれが見事に突き刺さり、リードを2点に広げた。

その後、広島は78分に今季初出場の高橋、82分に2種登録の土肥がピッチに立った。

そして試合終了。アウェイの広島が3-1で勝利し、グループステージを5勝1敗という成績で突破を決めた。決勝トーナメント1回戦の相手は鹿島アントラーズに決まった。

また、これで本田はメルボルン・ビクトリーで最後の試合を終えた。

グループFもう一方の試合は、1-0で広州恒大が大邱FCに勝利し、逆転で2位通過を決めている。


◆グループF最終順位※勝ち点/得失点
1. サンフレッチェ広島 15pt/+5
2. 広州恒大 10pt/+4
3.大邱FC 9pt/4
4.メルボルン・ビクトリー 1pt/-13

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング