ユナイテッド、新進気鋭のフィルポに関心か

超ワールドサッカー / 2019年5月25日 20時37分

写真:Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドが、ベティスに所属するU-21スペイン代表DFジュニオール・フィルポ(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。

ベティスの下部組織出身のフィルポは2017年にトップチーム昇格。卓越した身体能力やスピードで高い評価を受けている攻撃的左サイドバックは、今シーズンの公式戦29試合で3ゴール5アシストを記録している。

レアル・マドリーも興味を示しているフィルポに対して、ユナイテッドは移籍金として3000万ユーロ(約36億7000万円)を用意しているようだ。

同選手は昨夏に2023年までの新契約を締結し、契約解除金は5000万ユーロ(約61億2000万円)に設定された。だが、伝えられるところによるとベティスは財源確保のため、トップ選手を複数売却しなければならない状況にあるようで、トッテナムが6000万ユーロ(約73億4000万円)で狙っているというMFジオバニ・ロ・セルソと同様に、フィルポも売却候補の1人に数えられているようだ。

そのため、フィルポ獲得には5000万ユーロ満額用意する必要はないという見方もある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング