ユナイテッド、ベティスのアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソに関心か

超ワールドサッカー / 2019年5月26日 22時29分

写真:Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドが、ベティスに所属するアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

レアル・マドリー移籍が囁かれるMFクリスティアン・エリクセン(27)の流出に備えてトッテナムが6000万ユーロ(約73億4000万円)で獲得を狙っていると報じられたロ・セルソ。昨夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からベティスにレンタル加入し、公式戦46試合で16ゴール6アシストをマーク。今年4月には移籍金2200万(約26億9000万円)で完全移籍を果たし、2023年までの契約を結んだ。

契約解除金は推定1億ユーロ(122億4000万円)と見られているが、ベティスは財政難であることからトップ選手を複数売却しなければならない状況にあることが伝えられている。

そして、そんなベティスに圧力をかけているのがユナイテッドだ。今シーズンの乏しい成績から少なくない数の入れ替わりが予想されるユナイテッドも、アルゼンチン代表MFに目を光らせているようだ。

『マルカ』によれば、レアル・マドリーも目を光らせているというが果たしてロ・セルソの去就は…。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング