【2018-19リーガエスパニョーラベストイレブン】優勝バルセロナから最多4選手が選出!

超ワールドサッカー / 2019年5月28日 21時1分

写真:Getty Images

2018-19シーズンのリーガエスパニョーラが終了しました。そこで本稿では今季のリーガエスパニョーラベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆リーガエスパニョーラベストイレブン
GK:オブラク
DF:ホセ・モラレス、ピケ、エルモソ、ジョルディ・アルバ
MF:パレホ、ロドリゴ・エルナンデス、カソルラ
FW:メッシ、スアレス、サラビア

GK ヤン・オブラク(26歳/アトレティコ・マドリー)
出場試合数:37(先発:37)/出場時間:3330分
失点数:27

Getty Images
今季も抜群の安定感を示して、元バルセロナのビクトル・バルデスと並ぶ4年連続でのサモラ賞(最優秀GK)を獲得した。今季は最終ラインに多くのケガ人が出たうえ、ディフェンスリーダーのゴディンのパフォーマンス低下もあって過去3年間のサモラ賞受賞時と異なり、より厳しい仕事を求められたが、抜群のポジショニングとセービング、キャッチング技術を武器に再三のビッグセーブでゴールにカギをかけた。

DF ホセ・モラレス(31歳/レバンテ)
出場試合数:35(先発:33)/出場時間:3197分
得点数:12(PK3)
Getty Images
リーガ屈指のサイドアタッカー。今季は2トップの一角や左ウイングを主戦場としたため、サイドバックでの選出に異論は承知だが、右サイドバックとセンターバックで目立った選手がいなかったこともあり、守備の献身性も光り同ポジションでプレー経験もあるレバンテのレジェンドを選出。31歳という年齢を感じさせない驚異的なスピードとテクニック、当たり負けしない馬力のある仕掛けでリーグ4位の得点数を誇る攻撃陣をけん引。カウンター時の仕掛けはビッグクラブのDFでも1人では止め切れない破壊力だ。

DF ジェラール・ピケ(32歳/バルセロナ)
出場試合数:35(先発:35)/出場時間:3150分
得点数:4
Getty Images
文句なしの今季最高のセンターバック。近年、コンディション不良によってパフォーマンスの衰えが指摘されたが、スペイン代表引退を機にクラブでの戦いに専念できたことで32歳にしてキャリアハイの35試合に出場。持ち味の空中戦の強さ、質の高い球出しに加えて、今季は被カウンター時の一対一、快速アタッカーへの対応でも安定。“独断”で行う攻撃参加から4ゴールを決めるなど、攻撃力でも魅せた。

DF マリオ・エルモソ(23歳/エスパニョール)
出場試合数:31(先発:30)/出場時間:2806分
得点数:3
Getty Images
今季サプライズを起こした左利きのセンターバック。DFセルヒオ・ラモス、DFディエゴ・ゴディンら常連のパフォーマンス低下、不用意なファウルからの警告の多さが減点対象のDFジェネを外し、7位でEL出場権獲得のエスパニョールの主力DFを選出した。レアル・マドリーの下部組織出身のエリートは、昨季加入したエスパニョールで出場機会を得ると、今季に入って完全にブレイク。184cmとサイズには恵まれていないが、守備センスの高さと左サイドバックでもプレー可能なアジリティを武器に総合力の高い守備を披露。また、高精度の左足を生かしたビルドアップ能力、フィードが評価されてスペイン代表デビューを飾ると共に今夏国内外のビッグクラブの関心を引き付けている。

DF ジョルディ・アルバ(30歳/バルセロナ)
出場試合数:32(先発:28)/出場時間:2988分
得点数:2
Getty Images
メッシ最高の相棒として今季も躍動。ネイマール退団以降、バルセロナの“左ウイング”として貴重な攻撃オプションとなっているアルバ。今季も2ゴール8アシストときっちり数字を残した。また、自身不在時は本職右サイドバックのセルジ・ロベルト、ネウソン・ソメドのいずれかが代役を担わなければならないチーム事情の中、大きなケガなくシーズンを乗り切った点も高く評価したい。

MF ダニエル・パレホ(30歳/バレンシア)
出場試合数:35(先発:34)/出場時間:3063分
得点数:9(PK5)
Getty Images
今季バレンシアのベストプレーヤー。就任2年目となったマルセリーノ新監督の下、更なる躍進が期待されたバレンシアだが、CLとの二足の草鞋を履いた前半戦は深刻な得点力不足の影響もあって下位に低迷。その中で苦境のチームを支え続けたのが30歳のカピタン。中盤で攻守両面でのハードワークを見せたうえ、いずれもチームトップの9ゴール7アシストを記録。バレンシアがシーズン後半戦の快進撃で逆転での4位フィニッシュを果たせたのは間違いなくこの男あってこそ。

MF ロドリゴ・エルナンデス(22歳/アトレティコ・マドリー)
出場試合数:32(先発:30)/出場時間:2743分
得点数:3
Getty Images
故郷で錦を飾る。体格の問題を理由にカンテラを追われビジャレアルでプロデビューを飾ったロドリは、昨夏大きな成長を遂げて古巣に帰還。新加入選手にとって適応が困難なシメオネ監督のスタイルにすぐさま順応すると、シーズンを通してピボーテのレギュラーとして活躍。ブスケッツの後継者との評価に相応しいポジショニング、判断力に加え、闘将から求められる闘う姿勢を随所に見せ、アトレティコの2位フィニッシュに大きく貢献した。

MF サンティ・カソルラ(34歳/ビジャレアル)
出場試合数:30(先発:25)/出場時間:2651分
得点数:4(PK2)
Getty Images
美しすぎる復活劇。2016年10月に負ったアキレス腱の負傷以降、ウイルス感染によって10度の手術や右足切断の危機に瀕するなど、一時は選手生命おろか日常生活にも支障をきたす恐れがあったカソルラが2011年以来の復帰を果たした古巣で完全復活。今季残留争いを強いられたチームにおいて卓越した戦術眼、テクニック、リーダーシップを武器にチームをけん引。さらに、4ゴール10アシストと決定的な仕事まで果たし、先日には3年半ぶりの代表復帰まで果たした。また、第31節のベティス戦での試合終盤のPK失敗後に男泣きを見せるなど、今季のリーガにおいて最もファンの心を動かした1人だった。同じく負傷を乗り越えてベティスで躍動したMFセルヒオ・カナレスは苦渋の次点に。

FW リオネル・メッシ(30歳/バルセロナ)
出場試合数:29(先発:24)/出場時間:2710分
得点数:36(PK4)
Getty Images
今季のリーガ最優秀プレーヤー。昨季に比べて出場時間が減っていたにも関わらず、昨季の数字を上回る36ゴール13アシストを記録。今季リーガ攻撃部門のデータのほとんどで最高値を記録する圧巻の活躍ぶりだった。

FW ルイス・スアレス(32歳/バルセロナ)
出場試合数:31(先発:29)/出場時間:2830分
得点数:21(PK4)
Getty Images
その勝負強さで連覇に大きく貢献。今季のゴール数は過去3年間と比べると最低の数字だが、その中身が非常に濃いものだった。昨年10月のエル・クラシコでは大エースのメッシ不在の中、圧巻のハットトリックを記録し敵将ロペテギに引導を渡すと、今年4月のアトレティコとの頂上決戦では優勝を大きく引き寄せる決勝点を記録。それ以外にもビジャレアル戦でのラストプレー弾など印象的なゴールが非常に多かった。さらに6アシストとチャンスメークでも貢献。

FW パブロ・サラビア(27歳/セビージャ)
出場試合数:30(先発:27)/出場時間:2730分
得点数:13(PK1)
Getty Images
高精度の左足を武器にキャリアハイの13ゴール13アシストを記録。セビージャ加入3年目を迎えた今季は2シャドーの一角、インテリオール、右サイドハーフの3ポジションで持ち味の攻撃センスを生かしてストライカー陣に決定機を供給。さらに、フィニッシュの局面においてはゴールへの積極性、決定力に磨きがかかり、得意の形から以外でもゴールを奪い切る“恐い”アタッカーへと進化を遂げた。セルタでチームを残留に導いたFWイアゴ・アスパスも捨てがたいが、シーズンを通しての貢献度を考慮して次点に。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング