ドルトムント、16歳でデンマーク1部デビューのU-19同国代表FWを獲得

超ワールドサッカー / 2019年5月28日 16時58分

写真:Getty Images

ドルトムントは27日、デンマーク1部のオーフスGFからU-19デンマーク代表FWマグヌス・カーストルップ(18)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、『トランスファーマーケット』によると、500万ユーロ(約6億1000万円)の買取オプションが付随しているようだ。

オーフスGF下部組織出身のカーストルップは、左ウイングを主戦場とするアタッカー。2017年7月に16歳でプロデビューを飾り、現在はU-19チームと並行してプレーしている。また、この2シーズンでは、トップチームで17試合に出場し1ゴール5アシストを記録している。

ドルトムントはすでにレバークーゼンからドイツ代表MFユリアン・ブラント(23)、ホッフェンハイムからドイツ代表DFニコ・シュルツ(26)、ボルシアMGからベルギー代表MFトルガン・アザール(26)を獲得。ちなみにカーストルップは、ドルトムントU-23チームからのスタートとなる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング