【EL決勝プレビュー】激戦必至のロンドン・ダービー! “ラストゲーム”で有終の美を飾るのは?《チェルシーvsアーセナル》

超ワールドサッカー / 2019年5月29日 12時0分

写真:Getty Images

ヨーロッパリーグ(EL)決勝、チェルシーvsアーセナルが日本時間29日28:00にアゼルバイジャンのバクー・オリンピック・スタジアムでキックオフされる。共に2度目の決勝進出を果たしたロンドンに本拠地を置く両雄による、UEFA主催試合の決勝戦で初となるロンドン・ダービーだ。

PAOK、BATEボリソフ、MOLヴィディと同居したグループを5勝1分けの無敗で首位通過を果たしたチェルシー。決勝トーナメントに入ってもマルメ、ディナモ・キエフ、スラビア・プラハと格下相手に順当に勝ち上がり、フランクフルトとの準決勝では1stレグと2ndレグ共に1-1のドローに終わった結果、延長戦を経たPK戦を4-3で制し、優勝を果たした2012-13シーズン以来の決勝進出を果たした。

また、今季のプレミアリーグではサッリ新監督の下で紆余曲折のシーズンを過ごしたものの、最終的に3位フィニッシュに成功し来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得。今回の決勝をシンプルにトロフィーのためだけに戦える状況を整えてきた。ただ、サッリ監督初タイトル獲得に向けては序盤戦からの固定メンバーでの戦いが響きシーズン終盤にかけて負傷者が続出。また、イタリア人指揮官が懸念した通り、リーグ最終戦後に行われたアメリカ遠征ではMFロフタス=チークがアキレス腱を断裂する重傷に見舞われるなど、満身創痍での戦いを強いられそうだ。

一方、スポルティング・リスボン、ヴォルスクラ、カラバフと同居したグループをチェルシーと同様に5勝1分けの無敗で首位通過を果たしたアーセナル。決勝トーナメントではBATEボリソフ、スタッド・レンヌと格下相手にいずれも初戦のアウェイゲームを落とすも、ホームでの強さを武器に逆転突破。逆に、優勝候補との連戦となった準々決勝、準決勝ではナポリ、バレンシア相手にいずれも連勝を飾って、ガラタサライにPK戦の末に敗れた1999-2000シーズンの前進UEFAカップ以来となるファイナル進出を決めた。

今季のプレミアリーグではエメリ新監督の下でシーズン終盤までトップ4争いに絡んだものの、最終盤での3敗1分けという、痛恨の取りこぼしが響き無念の5位フィニッシュに。したがって、来季のCL出場権獲得には今回のEL制覇が絶対条件となる。1993-94シーズンのUEFAカップウィナーズカップ制覇を除き、これまでUEFA主催大会の決勝では3敗と勝負弱さが目立つアーセナルにおいて心強いのは、セビージャ時代にEL3連覇を成し遂げたエメリ監督の存在だ。ELマスターの下で悲願のタイトル獲得はなるか。

両者のヨーロッパでの対戦は2003-04シーズンのCL準々決勝の対戦のみ。その対戦ではチェルシーが2戦合計3-2で勝ち上がっている。また、今季のリーグ戦の対戦はチェルシーホームで開催された第2節はチェルシーが3-2、アーセナルホームで開催された第23節はアーセナルが2-0で勝利している。

なお、今回の決勝ではELで初めてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が採用されることになり、審判団はジャンルカ・ロッキ主審を含むイタリアのセットとなる。

▽チェルシー予想スタメン

(C)CWS Brains,LTD.
GK:ケパ
DF:アスピリクエタ、クリステンセン、ダビド・ルイス、マルコス・アロンソ
MF:カンテ、ジョルジーニョ、バークリー
FW:ペドロ、ジルー、アザール
負傷者:DFリュディガー、アンパドゥ、ケイヒル、MFロフタス=チーク、ハドソン=オドイ、カンテ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはリュディガー、ロフタス=チーク、ハドソン=オドイと3人の主力の欠場が確定。また、ヒザを痛めているカンテに関してはサッリ監督が「50/50」と語っており、試合当日に出場の可否が判断される。

スタメンに関しては前述の11人を予想したが、カンテが間に合わない場合、コバチッチが代役を担うことになる。薄い中盤の選手層を考えれば、ペドロをスタートで起用し、トップ下やインサイドMFでもプレー可能なウィリアンを有事に備えてベンチに置く可能性が高い。

◆アーセナル◆
【3-4-1-2】

▽アーセナル予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:チェフ
DF:パパスタソプーロス、コシエルニー、モンレアル
MF:ナイルズ、トレイラ、ジャカ、コラシナツ
MF:エジル
FW:ラカゼット、オーバメヤン
負傷者:DFホールディング、ベジェリン、MFラムジー、デニス・スアレス、FWウェルベック
出場停止者:なし

出場停止者はいないが、政治的な問題でムヒタリアンが遠征メンバーを外れている。負傷者に関してはホールディング、ベジェリン、ラムジー、デニス・スアレス、ウェルベックが欠場する。

システム、スタメンに関してはエジルを起用する場合、[3-4-1-2]を、イウォビを起用する場合は[3-4-2-1]を採用する形になる。その他、変更がありそうなのはモンレアル、トレイラに代わってムスタフィ、グエンドウジを起用するぐらいか。

★注目選手
◆チェルシー:MFエデン・アザール
Getty Images
チェルシーの注目プレーヤーはEL優勝を置き土産に新天地へ旅立ちたいエースのアザールだ。2012年に21歳の若さでチェルシーに加入して以降、瞬く間にエースへの階段を駆け上がったベルギー代表MFも気付けば、キャリアのピークともベテランへの入り口とも言われる28歳となった。今季も公式戦51試合19ゴール16アシストと圧巻のスタッツで攻撃を牽引してきた。

しかし、更なるステップアップを目指すエースは、かつてのアイドルだったジネディーヌ・ジダン監督が率いるレアル・マドリーへの移籍をすでに決断した模様。そして、今回のEL決勝がブルーズでのラストゲームとなる可能性が高い。対アーセナルとのダービーでは公式戦18試合で5ゴール2アシストとあまり得意としていないが、自身のブルーズでの集大成となる一戦でチームを勝利に導くエースの仕事を期待したい。

◆アーセナル:GKペトル・チェフ
Getty Images
アーセナルの注目プレーヤーはこの試合が現役最後の試合となるチェフだ。 今月20日に37歳の誕生日を迎えたチェフは、今シーズン限りでの現役引退をすでに発表。そして、今回のEL決勝が20年間のプロキャリアを締めくくるラストゲームとなる。そして、フットボールの神様はラウンド16のスタッド・レンヌ戦に続き、偉大なチェコ人GKに古巣対戦というプレゼントを手渡した。

2004年から2015年までプロキャリアの半分以上を過ごしたチェルシーに関しては、今季終了後のスポーツ・ディレクター就任の可能性が報じられるなど、チェフにとって心のクラブだ。しかし、その古巣は今シーズンのリーグ戦を3位で終え、来季のCL出場権を手にしており、今回の一戦で思う存分戦えるはずだ。もちろん、高いプロ意識を持ったチェフにそんな考えは一切ないはずだ。2012-13シーズンのベンフィカとの決勝ではブルーズの一員としてELトロフィーを掲げたチェフだが、今回の一戦では古巣の攻撃陣を完封しガナーズの一員として有終の美を飾りたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング