仕切り直しに成功したのはFC東京! 橋本弾や久保2発で大分に快勝《J1》

超ワールドサッカー / 2019年6月1日 16時0分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

明治安田生命J1リーグ第14節が1日に味の素スタジアムで行われ、FC東京が大分トリニータに3-1で勝利した。

前節、ついにシーズン初黒星を喫した首位のFC東京。仕切り直しの一戦となる今節に向けては出場停止のチャン・ヒョンスが前節に続き欠場となり、渡辺を引き続きスタメン起用した。一方、4位の大分は前節、8試合ぶりの黒星。片野坂監督にとって、アシスタントコーチを務めたG大阪時代の2014年に3冠達成を成し遂げた長谷川監督と指揮官としてぶつかり合う今節、前節のスタメンから高畑に代えて、星雄次をピッチに送り出した。

試合開始2分、FC東京がまずカウンターからチャンス。ボックス右の久保が相手最終ラインの背後に縦パスを送ると、これをディエゴ・オリヴェイラが受ける。だが、右足ダイレクトのシュートは相手GKに守備範囲。対する大分も4分、ドリブルでボックス左に侵攻したオナイウ阿道がチャンスメーク。グラウンダーのパスにファーサイドでフリーの星が左足で合わせるが、相手GKの真正面に飛んでしまい、先制機を逃してしまう。

徐々にFC東京が大分を押し込む時間が長くなるなか、30分にスコアが動く。ボックス右深くで突破を断念した久保が相手をひきつけながら後方の室屋にバックパス。室屋がボックス内の状況をチェックしながら右足ダイレクトでクロスを上げると、中央のスペースにぽっかりと空いたスペースに橋本が飛び込み、頭で合わせる。これがゴール右隅に勢いよく吸い込まれ、ホームのFC東京が2試合ぶりの白星に向け、先制に成功する。

橋本のシーズン2得点目でリードしたFC東京は、その後も攻守に大分を上回り、試合のイニシアチブを掌握。そして、39分、今月の代表ウィークでA代表入りを果たした久保建英が輝く。古巣となる東のインターセプトから左サイドの久保がその流れのままドリブルで縦に持ち上がり、ボックス左に差し掛かったところで迷いなく左足を一閃。対面した複数DFの間を抜けたボールがゴール左隅に突き刺さり、FC東京が効率よく得点を重ねる。

2点ビハインドの大分は、迎えた後半もFC東京の圧力に押し込まれる時間が続くなか、57分に星と島川に代えて後藤とティティパンの2枚替えに動くと、その2分後に反撃。小塚のパスを受けたオナイウ阿道がボックス左に流れながら強引に左足を振り抜く。GK林から見てブラインドになったグラウンダー性のシュートが相手DF陣の間を抜けて、ゴール右隅に決まり、大分が1点差に詰め寄ってみせる。

オナイウ阿道のシーズン4得点目で攻撃が勢いづいた大分は同点を目指して前がかるが、後半アディショナルタイム1分にティティパンの緩慢なGKに対するバックパスをかっさらった久保が無人のゴールマウスにボールを流し込み、FC東京が勝負を決する3点目。ホーム8連勝のFC東京が首位を堅持した。敗れた大分は今シーズン初の複数失点となり、初の連敗を喫している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング