スパーズとの同国対決を制したリバプールが14季ぶり6度目の優勝!《CL》

超ワールドサッカー / 2019年6月2日 6時1分

写真:Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)決勝、トッテナムvsリバプールが1日に行われ、0-2でリバプールが勝利し、14季ぶり6度目の優勝を飾っている。

準々決勝でマンチェスター・シティに、準決勝でアヤックスに対して劇的な勝ち上がりを見せ、クラブ史上初の決勝に進出したトッテナムは、ケインとウィンクスが負傷から復帰。ベストメンバーで臨んだ。

一方、バルセロナとの準決勝で3点差をひっくり返す奇跡の大逆転劇で勝ち上がり、2年連続決勝進出を果たした昨季準優勝のリバプールは、フィルミノが負傷から復帰して先発となり、こちらもベストメンバーで挑んだ。

欧州の頂を懸けたイングランド勢対決は開始30秒に大きな動きを見せる。左サイドを突いたマネがボックス内に侵入し、ムサ・シッソコの高く上げていた手にボールをうまく当ててハンドを誘い、PKを獲得した。これをサラーが決めてリバプールが幸先良く先制した。

先制したリバプールが自陣に引いた中、トッテナムにポゼッションを譲ったリバプールは17分にアーノルドのミドルシュートで牽制。その後もトッテナムにシュートに持ち込ませず流れを引き寄せていった。

前半半ば以降も流れは変わらず、自陣に構えるリバプールが慎重に試合を進める中、38分にロバートソンの強烈なミドルシュートでGKロリスを強襲した。結局、早々に動いた前半だったが膠着状態が長く続き、リバプール1点のリードでハーフタイムに入った。

迎えた後半、徐々にオープンな展開となっていった中、リバプールは58分に負傷明けのフィルミノを下げてオリジを投入。一方、後半も攻め手を作れないトッテナムはウィンクスに代えてルーカス・モウラを投入し、攻撃に比重をかけた。

そんな中、後半最初の決定機はリバプール。69分、マネのチャンスメークからボックス中央のミルナーが左足でシュート。だが、わずかに枠の右に外れた。

攻めあぐねる状況が続く中80分、トッテナムはソン・フンミンが強烈なミドルシュートでGKアリソンを強襲。そして最後のカードとしてデレ・アリに代えてジョレンテを投入した。85分にはボックス左外で得たFKをエリクセンが直接狙うも、ここもGKアリソンのセーブに阻まれた。

すると87分、リバプールが決定的な2点目を奪った。CKの流れからボックス左でマティプのパスを受けたオリジが左足でゴール右隅にシュートを蹴り込んだ。このまま2-0で試合を締めたリバプールが14シーズンぶり6度目のCL優勝を飾っている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング