ブラント流出のレバークーゼン、D・ザグレブのダニ・オルモに関心

超ワールドサッカー / 2019年6月8日 15時9分

写真:Getty Images

レバークーゼンがディナモ・ザグレブに所属するU-21スペイン代表MFダニ・オルモ(21)の獲得に関心を示しているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。

バルセロナのラ・マシア出身の攻撃的MFであるオルモは、同クラブのトップチームでプレーするU-21スペイン代表MFカルレス・アレーニャと鎬を削ってきた逸材MFだ。しかし、2014年には将来的なトップレベルでの出場機会を求めてクロアチア屈指の名門ディナモ・ザグレブに完全移籍。今シーズンは公式戦44試合に出場し、12ゴール9アシストの数字を残している。

その逸材MFには古巣バルセロナを始め、以前からレアル・マドリー、バイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、ミランなど錚々たるビッグクラブが関心を集めてきた。

だが、今回『キッカー』が伝えるところによれば、先日にドイツ代表MFユリアン・ブラントをドルトムントに引き抜かれたレバークーゼンがその後釜としてリストアップしているという。その一方、同じくドルトムントにベルギー代表MFトルガン・アザールを引き抜かれたボルシアMGも獲得に動いているようだ。

なお、ディナモ・ザグレブはオルモの移籍金を2500万ユーロ(約30億6000万円)前後に設定している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング