格下相手に4発快勝のフランスがグループH首位に浮上!《ユーロ2020予選》

超ワールドサッカー / 2019年6月12日 5時43分

写真:Getty Images

フランス代表は11日、ユーロ2020予選グループH第4節でアンドラ代表と対戦し、4-0で勝利した。

8日に行われたトルコ代表戦を0-2で完敗した2位フランス(勝ち点6)が、最下位のアンドラ(勝ち点0)のホームに乗り込んだ一戦。フランスはトルコ戦から先発を大幅7人変更。ジルーやマテュイディ、ヴァランらに代えてトヴァンやコマン、ラングレらを先発で起用した。

フランスはウォーミングアップ中に負傷したコマンに代わりにスタメンに入ったイェデルとグリーズマンを2トップに配置した[4-4-2]の布陣を採用。中盤は右からトヴァン、ポグバ、エンドンベレ、ムバッペと並べた。開始3分にグリーズマンのミドルシュートで幕を開けた試合は、立ち上がりからフランスがボールを保持する主導権を握る。

すると11分、自陣からボールを持ち上がったエンドンベレがC・ルビオに倒されると、このこぼれ球をセンターサークル内のグリーズマンがワンタッチで左のスペースへ展開。このパスに反応したムバッペがボックス左から侵入すると、飛び出したGKの上を越すチップキックでゴールネットを揺らし、フランスが先制に成功した。

先手を取ったフランスは、30分にもポグバのロングパスが相手DFのクリアミスを誘うとセカンドボールに反応したトヴァンの折り返しをボックス中央のイェデルがシュート。これが相手GKの手を弾きゴールネットに突き刺さった。

フランスは前半アディショナルタイムにも、ボックス左でパスを受けたムバッペの左クロスからトヴァンが豪快なジャンピングボレーを叩き込み、3点のリードで前半を終えた。

後半に入っても主導権を握るフランスは55分、エンドンベレのロングパスをボックス右に駆け上がったトヴァンがダイレクトで合わせたが、これはゴール右に外れる。それでも60分、グリーズマンの左CKをズマが頭で合わせると、一度は相手DFに当たったがこぼれ球を再びズマが押し込み、4点目を奪取。

その後何度もアンドラゴールに迫ったフランスだが、追加点は生まれず。4発快勝のフランスが、得失点差でトルコをかわしグループHの首位に浮上した。

◆11日開催グループH結果
アンドラ 0-4 フランス
アイスランド 2-1 トルコ
アルバニア 2-0 モルドバ

◆グループH順位表
[勝点/試合数/得失差]
1.フランス[9/4/9]
2.トルコ[9/4/7]
3.アイスランド[9/4/0]
4.アルバニア[6/4/2]
5.モルドバ[3/4/-8]
6.アンドラ[0/4/-10]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング