ユーロ2020予選で不調のセルビア代表、クルスタイッチ監督との契約を解消

超ワールドサッカー / 2019年6月14日 5時18分

写真:Getty Images

セルビアサッカー連盟(FSS)は13日、ムラデン・クルスタイッチ監督(45)との契約を双方合意の下、解消したことを発表した。

現役時代にシャルケなどでセンターバックとして活躍したクルスタイッチ監督は2017年10月にスラヴォルユブ・ムスリン前監督の後を受けて、アシスタントコーチから暫定監督に昇格。2018年ロシア・ワールドカップではコスタリカ代表に勝利したものの、ブラジル代表とスイス代表に敗れ、グループステージ敗退に終わっていた。

その後のUEFAネーションズリーグ2018-19ではリーグC・グループ4で首位となり、リーグBへの昇格を決めたが、ユーロ2020予選では3試合を終えて1勝1分け1敗と躓いた。とりわけ今月7日に行われたウクライナ代表戦では0-5と惨敗していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング