過去最高成績に主将MF神谷優太は満足せず「日本の歴史を塗り替えたが…」《トゥーロン国際大会》

超ワールドサッカー / 2019年6月17日 22時42分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。

U-20イングランド代表、U-23チリ代表、U-19ポルトガル代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。

チームキャプテンを務めたMF神谷優太(愛媛FC)が成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。「日本の歴史を塗り替えた」と喜びつつも「まだまだ未熟」と満足はしていないようだ。

◆MF神谷優太(愛媛FC)
──大会を振り返って
「今大会はチームキャプテンをやらせてもらって、準優勝できたことで日本の歴史を塗り替えたという所はみんな嬉しいと思います。ですが、改めて世界との差を痛感しましたし、僕自身もまだまだ未熟だったと感じました」

──肌で感じた世界との差とは
「ブラジル戦では間違いなく全ての差を見せ付けられました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング