“本気”の相手に“チャレンジ”継続を…上田綺世が見せた可能性/日本代表コラム

超ワールドサッカー / 2019年6月18日 21時30分

写真:Getty Images

東京オリンピック世代、U-22日本代表メンバーを中心に構成してコパ・アメリカに臨んでいる日本代表。初戦では大会連覇中のチリ代表と対戦し、0-4で大敗を喫した。

ピッチに並んだ11名のうち、DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)、MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)、MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)、MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン)の5名は代表キャップがあるものの、残りの6名は初出場とチリと比べても経験という点では大きな差があったことは明白だった。

◆上々の立ち上がり、好機を作る

Getty Images
一方のチリは、FWアレクシス・サンチェス(マンチェスター・ユナイテッド)やMFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)など世界のトップクラスの選手を含む主力選手が出場。2連覇を達成しているメンバーが立ちはだかった。

それでも、日本は良い試合の入りを見せる。レアル・・マドリー入りが世界中でも話題となっている久保は、ボールを持てば得意のドリブル突破を見せ、チリにジャブを打つ。

初出場となったFW上田綺世(法政大学)も、自身の特徴である高さ、裏へ抜け出す動き、ポジショニングの良さを随所にみせ、FW前田大然(松本山雅FC)もスピードでチリ守備陣を振り切るシーンも見せた。

中盤でゲームをコントロールする柴崎を中心に、中盤の守備からショートカウンターというスタイルを出しながらも、アタッキングサードでの精度を欠いてしまった日本。中島がドリブルを仕掛けても単騎で終わり、親善試合とは大きく違う姿を体感したに違いない。

森保一監督は「この試合、選手たちには勝利を目指してチャレンジすることが大事だと伝えて送り出しました」とコメント。立ち上がりは、自分たちの良さを出すべくプレーし、実際に決定機も作っていた。全く歯が立たなかったわけではなく、“チャレンジ”という点では評価できる部分もあるだろう。

◆試合巧者のチリ、一朝一夕では歯が立たず
Getty Images
立ち上がりはアグレッシブなプレーを見せていた日本だったが、時間の経過とともにその姿に陰りが見える。

28分にはサイドからの波状攻撃をチリが仕掛けると、サンチェスにヘッドを許すも力なくキャッチ。33分には中島のボールロストから一気にカウンターを仕掛けられると、ピンチを迎えるが柴崎がなんとか守った。

一度掴んだ流れをチリは手放さず、そのまま猛攻を続ける。日本はなんとか凌いでいたが、41分にCKから失点。堪え忍んでいただけに、良くない時間帯での失点は悔やまれるものとなった。

前半終了間際には柴崎のダイレクトパスから上田が決定機を迎えるも、GKとの一対一で敗れシュートが枠に飛ばず。後半も上田は決定機を2度迎えるが、全てシュートは枠に飛ばず悔しい結果となった。

後半はチリがギアを上げると、日本は防戦一方に。54分にエドゥアルド・バルガスに追加点を奪われるが、それまでの流れも常にポゼッションを許し、アグレッシブに守備を行なっていた姿はなく、取るべくして取られてしまった。

終盤にも2点を加点したチリだったが、立ち上がりの15分を過ぎてからは常に自分たちのペースでプレーを続けた。中盤でのミスや、日本に崩されるシーンもあったものの、日本の稚拙な攻撃やGKアリアスを中心とした守備陣が防ぎ、結果として0-4の大差がついた。

◆可能性を感じさせた上田綺世
Getty Images
多くの選手が世界を体感した試合となったが、最も気になる存在だったのは1トップに入った上田だ。

東京オリンピック世代の代表では世界での経験も積んでおり、得点源の1人としてプレーを続けてきた。A代表デビュー戦となったが、立ち上がりから物怖じすることなく、自身の特長を出そうとプレーを続けた。

ポスト大迫勇也としての期待を寄せられる上田だが、その期待を裏切らないプレーを披露。前線からの守備、トップで起点となる動き、裏を取る動きと随所に可能性を感じさせた。

チリ戦では、前半に柴崎のダイレクトパスに抜け出しGKと一対一になるシーンが。さらに後半には、柴崎のクロスをボックス内でフリーになりダイレクトボレー、終盤には安部のグラウンダーのクロスに対してファーサイドに飛び込んで合わせようとし、三好康児(横浜F・マリノス)からの絶好のパスに抜け出したシーンも、シュートを打つタイミングを逸していた。

いずれも、ポジショニングの良さを見せたシーンであり、その動き出しを含めても高いポテンシャルを持っていることは多くの人も感じたはずだ。しかし、2つの決定機ではシュートを枠に飛ばせず、最後の1つはわずかに届かなかった。決定機を作ってもらいながら、枠に飛ばせなかったという事実は変わらない。

コパ・アメリカというハイレベルの舞台であっても、決定機でシュートを枠に飛ばせなかったという技術の面は足りなかったということが証明されてしまった。もちろん、これで上田の評価が落ちるということではなく、伸び代と捉えてどの様に取り組むかが重要だ。

「自分の中で手応えはありながらも結果を残せず、力不足を感じた試合でした」と上田は試合後に語ったが、相手の対応に上回れたシーンも多かった。特にシュートの場面では、慎重になるあまり思い切りよく打つことはできていなかっただけに、パスを受けてからシュートまでのタイミングをいかに早くするかだ。

“決定力不足”という言葉は良く耳にするが、足りていないのであれば、補う他はない。フィニッシュ以外の部分では、大いなる可能性を見せた上田だけに、今大会中にも成長の証を見せてくれることを願うばかりだ。それが、東京オリンピック、そしてこの先のプロ生活、日本代表としてのキャリアに繋がるだろう。

◆中3日で迎えるウルグアイへの“チャレンジ”
Getty Images
日本時間21日の8時からは初戦でエクアドル代表を4-0で下したウルグアイ代表と対戦する。キリンチャレンジカップでは一度対戦し、4-3で打ち勝っている相手だが、“本気”の姿がいかに親善試合と違うかはチリ戦で身をもって体感したはずだ。

チリ戦では[4-2-3-1]のシステムを採用したが、サイド攻撃を多用するチリ相手には守り方の部分でも疑問が残る対応が多く見られた。特にサイドハーフの選手の立ち位置や、ボランチに入った中山雄太(ズヴォレ/オランダ)のポジショニングなど、改善するべき点は少なくない。それでも、成長しながら結果を残すには、十分過ぎる相手。ウルグアイ戦も目的をもって戦うことが一番重要となる。

コパ・アメリカはグループ3位のうち、上位2カ国まで次のステージへと進める。エクアドルとの第3戦が最も重要になる可能性が高いものの、強敵であるウルグアイ相手に、チリ戦で感じた“差”をしっかりと消化して、自分たちの目指すプレーができるかどうか。森保監督の言葉通り、強敵相手に“チャレンジ”できなければ、意味のない活動になってしまう。選手の入れ替えも起こる第2戦、選手たちの“チャレンジ”に期待したい。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング