元セネガル代表のディアメが週給1300万円でヨカノビッチ就任のアル・ガラファへ

超ワールドサッカー / 2019年6月20日 16時2分

写真:Getty Images

ニューカッスルの元セネガル代表MFモハメド・ディアメ(32)のアル・ガラファ移籍が近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』が『ザ・サン』の情報をもとに伝えている。

これまでフランスやスペイン、イングランドでプレーしてきたディアメは2016年夏にニューカッスルに加入した。加入初年度にプレミアリーグ昇格に貢献し、2季連続での残留にも尽力した。

今季で契約が切れるディアメにクラブも延長を打診したものの、それを断ってカタール移籍を決断した模様。昨シーズン、リーグ6位で終えたアル・ガラファが週給10万ポンド(約1360万円)の契約で合意に近づいているようだ。

また、同クラブは先日、前フルアム監督のスラビシャ・ヨカノビッチ氏と2年契約で合意している。

アル・ガラファには現在、元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルが在籍。過去には元フランス代表MFマルセル・デサイーや元ブラジル代表MFゼ・ロベルトがプレーしていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング