アストン・ビラ、シーズン終盤に守護神の座を獲得したGKスティールと契約延長

超ワールドサッカー / 2019年6月20日 23時0分

写真:Getty Images

アストン・ビラは20日、イングランド人GKジェド・スティール(26)と2023年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

ノリッジユース出身のスティールは、2010年に弱冠17歳でトップチームに昇格。しかしトップチームでの出番はなく、2シーズン国内のクラブへ武者修行に出ると、2012年の冬にノリッジを退団。

その後、2013年の夏にアストン・ビラへフリーで加入。しかし、アストン・ビラでも正守護神の座を掴めず、ドンカスターやハダースフィールドなど国内クラブへ複数年にわたってレンタル移籍を繰り返す中、今季もチャールトンへレンタル移籍で加入。

しかし、半年でアストン・ビラに復帰すると正守護神を務めていたクロアチア代表GKロヴレ・カリニッチの負傷によりポジションを獲得。その後は安定したセービングを見せ、守護神の座を掴んでいた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング