スパーズ、セバージョス獲得へポチェッティーノ監督自ら交渉?

超ワールドサッカー / 2019年7月6日 16時45分

写真:Getty Images

トッテナムが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)の獲得に近づいているようだ。スペイン『アス』が伝えている。

2017年にベティスからマドリーへ加入したセバージョスは、2年目となった昨シーズンは公式戦34試合に出場した。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の下では構想外となっており、今夏の放出候補となっている。

この状況に出場機会を求めるセバージョスは移籍を仄めかしており、アーセナルやトッテナム、ミランなど欧州複数クラブが関心を寄せているとされるが、中でもスパーズはMFクリスティアン・エリクセン(27)の流出の危機に瀕していることからマウリシオ・ポチェッティーノ監督が自ら交渉にあたってあたったという。そこでプロジェクトの重要な役割を任せる旨を伝え、個人合意に近づいたようだ。

残すはクラブ間合意となっているが、スペイン『マルカ』によれば、マドリーはスペイン代表MFに3500万ユーロ(約42億6000万円)のプライスタグを付けているとのことだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング