積極補強のセビージャ、11人目の新戦力にスソか…代替候補に浮上

超ワールドサッカー / 2019年7月27日 14時35分

写真:Getty Images

セビージャが、ミランに所属するスペイン代表MFスソ(25)に関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

今年3月にスポーツ・ディレクター(SD)としてセビージャに復帰したモンチ氏の下、今夏新戦力10名の積極補強を行ったセビージャ。だが、少なくともあと1名の新戦力獲得を画策している模様だ。

そのセビージャは、パリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したスペイン人MFパブロ・サラビア(27)の後釜としてPSVのオランダ代表FWステーフェン・ベルフワイン(21)の獲得を目指しているという。

だが、PSVとのベルフワインを巡る交渉は移籍金の部分で難航。ベルフワインの獲得を諦めていないものの、代替案として昨シーズンの公式戦41試合で8ゴール9アシストを記録したスソの動向も注視し始めたとのことだ。

なお、ミランはアトレティコ・マドリーのアルゼンチン代表FWアンヘル・コレア(24)の獲得を熱望。それが実現すれば、スソを手放す可能性があるとみられる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング