ユナイテッドがポグバ狙うレアルを門前払い…金銭+ハメスのオファー拒否

超ワールドサッカー / 2019年8月6日 9時55分

写真:Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドがフランス代表MFポール・ポグバ(26)に対するレアル・マドリーの入札を拒否したという。イギリス『テレグラフ』が報じた。

今夏の移籍希望を公言済みであり、代理人を務めるミノ・ライオラ氏もそれを助長させるコメントを残しているポグバ。そのポグバに対する関心が長らく取り沙汰され続けているレアル・マドリーだが、すでにベルギー代表MFエデン・アザールら有力選手の獲得に大金を投じたことで、1億6000万ポンド(約205億6000万円)の評価額を設けるユナイテッドを納得させられるだけの資金が用意がない状況が指摘されている。

そうしたなか、レアル・マドリーがポグバ獲得に向け、ユナイテッドに対して移籍金2760万ポンド(約35億4000万円)に加えて、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外であり、4600万ポンド(約59億1000万円)の売値を設定するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(28)の譲渡を盛り込んだオファーを提示した模様。だが、このオファーもユナイテッドから不釣合いを理由に断られてしまったという。

ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が今夏の残留に「疑いがない」とまで言われているポグバ。依然としてユナイテッドを去りたがっている様相だが、今夏の去就はどのような形で決着するのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング