リバプールがノリッジとの開幕戦で幾つかの快記録を樹立!

超ワールドサッカー / 2019年8月10日 13時50分

写真:Getty Images

リバプールは9日、2019-20シーズンのプレミアリーグ開幕節でノリッジをホームに迎え、4-1で快勝した。『@opta joe』が同試合での幾つかの興味深い記録を紹介している。

昨季、マンチェスター・シティと史上稀にみるハイレベルの優勝争いを繰り広げた末、最終的にプレミア史上最高の2位チームとの称号を手にしたリバプール。

シティからの覇権奪還を目指す今シーズンの開幕戦では昇格組ノリッジを要塞尾アンフィールドで迎え撃った。

立ち上がりから主導権を握ったリバプールは7分、FWディヴォック・オリジの左クロスがDFグラント・ハンリーのオウンゴールを誘い、早々に先制点を奪取。その後はカナリーズの反撃に晒されたものの、これを無失点で凌ぐと、19分にエースのFWモハメド・サラー、28分にはDFヴィルヒル・ファン・ダイク、42分にはオリジと続けてゴールネットを揺らし、前半のうちに大量4ゴールを奪った。

後半に入ると、やや流し気味のプレーの中でFWテーム・プッキに一矢報いられるも、GKアリソン・ベッカーの負傷交代を除き最高の内容で新シーズンの開幕戦を白星で飾った。

また、『@opta joe』はこの試合でリバプールが記録した幾つかの快記録を紹介している。

まずリバプールは今回のノリッジ戦で昨シーズンから継続していたリーグ戦の連勝を「10」に伸ばした。同クラブはこれまでトップリーグで通算4度10連勝以上を達成したが、今回の記録によって歴代最多5度目の10連勝という史上初の記録を樹立した。

また、プレミアリーグの歴史において開幕節の前半に4ゴールを奪ったのは、2006-07シーズンにマンチェスター・ユナイテッドがフルアム相手に達成して以来、通算2度目の快記録となった。

さらに、リバプールは直近のプレミアリーグで昇格組相手に12連勝を達成。その間のスタッツは35得点4失点という驚異的な数字を叩き出している。

一方、開幕戦でプレミアの厳しさを味わうことになったノリッジも幾つかの興味深い記録を残した。

この試合でリバプールの先制点となるオウンゴールを献上したハンリーは、新シーズンの初ゴールをオウンゴールで記録したプレミアリーグの歴史上2人目の選手に。なお、初代は2015-16シーズンに当時トッテナムに在籍したDFカイル・ウォーカーがマンチェスター・ユナイテッドとの開幕戦で達成していた。

また、この試合で途中出場したMFオネル・エルナンデスは、キューバ国籍の選手として史上初めてプレミアリーグに出場した選手に。なお、エルナンデスの出場によってプレミアリーグは「114」の異なる国籍の選手がプレーするリーグとなった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング