琉球FW和田凌、鹿児島に完全移籍「練習生から始まり、J3優勝…」

超ワールドサッカー / 2019年8月15日 13時25分

写真:(c) J.LEAGUE PHOTOS

鹿児島ユナイテッドFCは15日、FC琉球からFW和田凌(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「44」に決定している。

和田は2018年に阪南大学から鹿児島に入団。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで22試合7得点を記録し、チームのJ3優勝とJ2昇格に貢献した。今シーズンの明治安田生命J2リーグでは、ここまで8試合1ゴールを記録している。

琉球への完全移籍が決定した和田は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆鹿児島ユナイテッドFC
「この度鹿児島ユナイテッドFCでプレーをさせて頂くことになった和田凌です。鹿児島ユナイテッドFCのために、日々の練習からしっかりとプレーし、残りの試合で自分の力を少しでも発揮できるようにしっかり準備をします。鹿児島ユナイテッドFCのサポーターの皆さん。よろしくお願いします!」

◆FC琉球
「FC琉球のサポーターの皆さん。この度鹿児島ユナイテッドFCに移籍する事になりました。練習生から始まり、J3優勝。J2の舞台でのプレーをする機会を与えてくれたFC琉球での思い出は全て自分にとって最高なものです。そして、どんな時も熱く、素晴らしい応援をしてくれたサポーターの皆さんには心から感謝しています。これからはFC琉球の選手でなくなりますが、沖縄県で、FC琉球で、育った選手として誇りを持ってプレーしていきたいと思います。1年半の期間ありがとうございました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング