柏DF中川創、相模原に育成型期限付き移籍で加入「力をつけて帰ってこられるように」

超ワールドサッカー / 2019年8月16日 10時0分

写真:©︎J.LEAGUE

SC相模原は16日、柏レイソルからDF中川創(20)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2020年1月31日までとなり背番号は「31」。なお、同期間中は柏と対戦する全ての公式戦に出場することができない。

柏下部組織出身の中川は、2018年にトップチーム昇格。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで1試合、YBCルヴァンカップで3試合に出場していた。相模原への育成型期限付き移籍が決定した中川は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆SC相模原
「柏レイソルから来ました、中川創です。自分を迎え入れていただいてありがとうございます。1日でも早くピッチに立ち、クラブに関わるすべての方にたくさんの勝利を届けられるように全力で頑張ります」

◆柏レイソル
「このたび、SC相模原に移籍することになりました。今、自分に何が必要なのかということを第一に考えた中で、チャレンジすることに決めました。アカデミーからお世話になってきたこのチームのために、恩返しをするために、成長し、力をつけて帰ってこられるように頑張ります」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング