プレミア強豪3チームがレンヌの16歳ワンダーキッドに大注目!

超ワールドサッカー / 2019年8月21日 17時0分

写真:Getty Images

マンチェスター・シティ、アーセナル、トッテナムの3クラブがスタッド・レンヌ所属のアンゴラ人MFエドゥアルド・カマヴィンガ(16)の獲得を狙っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

アンゴラ出身のカマヴィンガは6歳の頃にフランスに移住。2013年にレンヌの下部組織に加入し早くも頭角を現すと、2018年12月にはクラブ史上最年少(16歳と1カ月)でプロ契約を交わした。今年4月初めのアンジェ戦でプロデビューを飾ると、デビューシーズンにリーグ戦7試合に出場した。ワールドクラスのタレント相手に堂々と渡り合った。

そして、今シーズンはパリ・サンジェルマン(PSG)とのトロフェ・デ・シャンピオンから公式戦2試合連続でスタメン出場を果たすと、今月18日に行われたリーグ・アン第2節ではホームで王者パリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し、2-1の逆転勝利に貢献。

昨季から関心を示していたトッテナムを始め、シティ、アーセナルのスカウトが視察に訪れた中、守備的MFで先発した同選手は、マッチアップしたPSGのイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティやブラジル代表DFマルキーニョスら41本中40本のパスを成功させたほか、局面を変えるドリブルでの持ち出しや中盤のオーガナイズといったベテランさながらのプレーに加え、決勝点となるFWデル・カスティージョの逆転弾もアシストする印象的な活躍を見せた。

レンヌを率いるジュリアン・ステファン監督は同試合後、16歳のワンダーキッドを称賛している。

「彼はチーム全体と同様に良いプレーを見せた。非常に興味深い活躍だったね」

「我々はいつも彼に話し掛けている。彼はとても知的でよく自制された若者だ。適切な形で自問自答することができ、正しい質問をする方法を知っている」

「多くのチームメイトが彼を可愛がっている。それは彼が非常に敬意を払い、助言を受け入れているからだ。彼はこの夏、我々と共に開花した」

ステファン監督が絶賛するカマヴィンガは、ここまで守備的MFを主戦場にプレーしているが、縦への推進力や身体能力、攻撃センスを持ち合わせていることから、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバと比較する向きもある。

また、現在フランス国籍取得を目指している同選手に関して、フランスのユース年代の指導者たちの間では、ポグバやチェルシーMFエンゴロ・カンテを超えるポテンシャルの持ち主と主張する声も挙がっているようだ。

なお、カマヴィンガの代理人を務めるのは、レンヌからドルトムント、バルセロナとステップアップを遂げたフランス代表FWウスマーヌ・デンベレを顧客に持つムサ・シソコ氏だ。

前述の3クラブに加え、バルセロナやレアル・マドリーも関心を示す逸材を巡る獲得交渉は一筋縄ではいかないかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング