G大阪が2年ぶりの準決勝進出! パトの貴重なアウェイゴールでFC東京を撃破!《YBCルヴァンカップ》

超ワールドサッカー / 2019年9月8日 19時10分

写真:©︎J.LEAGUE

YBCルヴァンカップ準々決勝第2戦のFC東京vsガンバ大阪が、8日にNACK5スタジアム大宮で行われ、2-1でFC東京が勝利した。この結果、2戦合計スコアは2-2となったものの、アウェイゴール数の差でG大阪が上回り、準決勝進出を決めている。

4日にパナソニック スタジアム 吹田で行われた第1戦では、G大阪が1-0で勝利。G大阪はその試合と同様のメンバーを先発のピッチに送り込んだ。

一方、巻き返しが必要なFC東京はスタメンを1名変更。三田に代わってディエゴ・オリヴェイラが先発に名を連ねた。

試合開始からG大阪ペースで進んでいたが、FC東京がファーストチャンスをモノにする。20分、アルトゥール・シルバがボックス左外に向かってスルーパス。これに対応した菅沼からディエゴ・オリヴェイラがボールを奪い取ると、ボックス内に持ち運び、そのままゴールネットを揺らした。これでFC東京が2戦合計1-1と追いついた。

勢いづくFC東京は36分、スルーパスに反応したディエゴ・オリヴェイラがボックス右でボールを収めると、体を巧みに利用して個人技で打開。マイナスに折り返したボールを高萩が詰めるも、相手にカットされてしまう。

1点ビハインドで試合を折り返したG大阪は後半立ち上がりの47分、敵陣左サイド深い位置から鈴木がクロスを供給。相手DFのクリアボールを拾った倉田がボックス左からシュートを放つも、GK林の正面に飛んでしまう。

後半に入り、よりアグレッシブになる両者。その中でG大阪は50分に右サイドを突破したパトリックのクロスから高江が飛び込んだが、決定機も生かせない。この状況を打開すべくFC東京はジャエルに代えて田川を投入。対してG大阪は高江に代えて宇佐美を送り込んだ。

この交代が的中したのはFC東京。67分、自陣ハーフウェイライン付近から高萩がロングパスを供給すると、バイタルエリア左でボールを拾ったディエゴ・オリヴェイラが右方向へパス。これを受けた田川がワンタッチでボックス左へ侵攻すると、左足シュートを放つ。これがゴールに吸い込まれて2戦合計スコア2-1で逆転に成功する。

これで追いかける立場となったG大阪。それでも迎えた76分、高尾のパスを受けた宇佐美がワンタッチでバイタルエリア右からふわりとしたボールを供給する。ファーサイドでパトリックが相手DFに競り勝ち、ヘディングシュートを放つと、GK林に触れられたものの、ゴールネットを揺らした。

2戦合計スコアで追いつき、アウェイゴール数の差でこのままいけばベスト4進出となるG大阪は後半アディショナルタイムにも井手口が突破を決定づけるチャンスを迎えたが、決めきれず。

それでも試合はこのまま終了。2-1でFC東京が勝利したものの、アウェイゴールの差で上回ったG大阪が2年ぶりの準決勝進出を決めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング